2016年6月15日水曜日

SeekGeeksに賭ける想いを綴ってみた

昨日ツイッターの方に思いの丈を書き殴ってしまったので、こちらのブログの方で一連のツイートをまとめておこうと思います。
手抜きじゃないです。手抜きじゃないですよ?(大事なことなので2回言いました)








ここでリプで会話とかしてたので少し文脈が途切れるけど気にせず続けます。




昨日のハイライトはこんなところ。
言いたいことほとんど書いてしまったので、追記するようなこともないんですが、一番言いたいのはやっぱり、みんな好きなことを好きなメンバーと、思いっきり楽しめるようになればいいなぁと。
今いる会社とか、今ある技術力とか、そういうのに縛られないで一緒に楽しめるパートナーを探して精一杯楽しもうよと。その結果としてお金がついてくるかもしれないし、ついてこないかもしれない。でも今いる会社という枠組みから離れて、本当にやりたい分野で、一緒にやってて楽しいメンバーを募って何かを作れるなら、それはすごく楽しいことなんじゃないでしょうか。
SeekGeeksにそのためのお手伝いをさせてもらえるとすごく嬉しいです。

さて、最後に宣伝をさせて頂く形になってしまいますが、SeekGeeksでは現在、モニターを大募集中です。モニターって言っても特別なことは何も無くて、普通にSeekGeeksにユーザー登録をして頂きます。その後、通常であればご自分でプランを策定してSeekGeeksでエンジニアのパートナーを募集する、という流れになりますが、モニターの場合はこの辺りのフローを私も手伝わせて頂きたいと考えてます。つまり、私とブレストしながらプランを策定し、パートナーを募集。ご要望があればその後の開発フローのサポートもさせて頂きます。モニター応募して下さった方はサポートを受けながらプランの実現を目指せるし、私も要所要所でSeekGeeksを使ってパートナー募集をする上でのご意見やご感想、改善要望等をお聞かせ頂くので、Win-Winな関係になれるのではないかと思っています。

募集要項は特にありません。ツイッターかメールで「モニター応募します!」的なメッセージを頂ければOKです。
とはいえあまりにも漠然としたプランだと私が口を出すことで私のプランみたいな形になってしまうので、簡単にこんなもの作りたいっていう説明ができる方。条件と言えばそれくらいですかね。技術的な要件定義や、パートナー探しに当たっての条件設定等は私の方でサポートできるので、「こういうのがやりたい!」というのがあればそこからのブラッシュアップは一緒に考えていければと思います。
最後の宣伝めっちゃ長くなってしまいましたが、何かチャレンジしたいことがあるけどどうしたらいいかわからない、という方をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。