2017年9月12日火曜日

【アップデートのお知らせ】SeekGeeksに新着プラン通知機能が追加されました

ワクワクを創造するプランナーとエンジニアのマッチングWebアプリ、SeekGeeksというのをやっていますこんにちは。

2エントリ続けてのアップデートネタの投稿になりました。
最近ちょっと個人開発の他に進めている企画がありまして、ブログを書いてる時間が無くて宣伝ばかりになってしまっている感があります。もう少しいろいろ書きたいのですが。。

タイトルの通り、SeekGeeksに新着プランがあったときに、メールで案内を受け取れるように機能を追加してみました!
プランナーの方はどんなプランが投稿されているのかチェックして、自分の投稿のヒントにしたり、気になったプランには先日機能追加したコメント機能を使ってコンタクトを取って意見交換してみたり、といった使い方ができるのでは?と思いました。
また一方でギークユーザーにとっては、メール通知を受け取って面白そうなプランがあったらアクセスして頂くことで、一々新着プランを見にサイトを訪れる手間が省けるかな?と考えました。

…というか、こういう機能は最初から実装すべきでしたね。。
初めてのWebアプリということもあって全然考慮が足りていませんでした。。
他にもいくつか今さらながら気になった部分があったので、今後のプロダクトでは最初からそういったところも考慮に入れていきたいと思います。

ちなみにメールは新着プランが投稿された翌日、一回のみ配信されます。(複数プランが投稿された日はメールの中で一覧にして配信します)
また新着プランが無かった場合は配信されません。

最初はギークユーザーは全部この機能をオンにしようと思ったのですが、いきなりメールを送りつけるのも失礼かと思い、マイページから機能のオンオフを選択できるようにしてみました。


マイページにこんな区分が追加されているので、受け取ってもいいよ、という方は是非オンにしてみてください。
ちなみに新しくユーザー登録して下さった方は最初からオンになっていますのでご了承ください。

新企画の方も頑張りつつ、SeekGeeks等個人開発プロダクトの方も少しずつではありますが改善していきたいと思っているので、今後ともよろしくお願いいたします。

2017年9月5日火曜日

【アップデートのお知らせ】SeekGeeksにアイディアのみ投稿機能を追加した話

先日、SeekGeeksに新しい機能を追加しました。
今までのSeekGeeksはプランナーがパートナーとなるギークを探すためのものであり、ギーク(エンジニア)の応募があったら自分が中心となって開発プロジェクトを立ち上げてプランの実現を目指す必要がありました。ですが今回のアップデートで、「アイディアのみ投稿」ができるようになりました。これは、「アイディアだけ置いておくよ!後はやってみたいと思ったエンジニアの人が自由に作ってね!」(権利とかはエンジニアに譲るよ!)というものです。
これによって、プランナーのユーザーの投稿ハードルが下がり、気軽に投稿できるようになるとともに、逆にギークにとってはプランナーとのやり取り無しに自由に実装できるアイディアをSeekGeeksから得ることができるようになりました。
※やり取り無しに自由に実装できますが、応募メッセージを送ったりコメントを残すことはできるようにしてますので、実装時や実現時にはそちらからご一報頂けますと幸いです。

この機能は今までも何人かの人にリクエストされた機能だったのですが、私自身他の個人開発にかまけていたりしてなかなか実現できないまま時間ばかりが経っていました。。
ですが先日、SeekGeeksがリリース後1年半というキリの良い時期を迎えたので、何とか時間を作って実装してみました。

投稿ハードルは本当に大分下がっていて、入力する項目はこれだけです。


ちなみに従来の添付PDFで補足説明する機能は残してあるので、それを使って詳しく説明することもできます。

これを導入してから早くも2件のプラン投稿を頂いています。ありがとうございます。
今まで「アイディアはあるけど自分が中心になって開発するなんて時間もスキルも無いよ…」と投稿を見送っていた方がおられましたら是非この機会にご投稿ください!

ちなみに「自分が中心になって開発したいんだけど、開発プロジェクトとかやったことないから不安…」という方は事前相談フォームという中の人(私)に相談できるフォームも用意してありますので、そちらも併せてご活用ください!

SeekGeeksを今後ともよろしくお願いいたします。

2017年8月26日土曜日

スタートアップやりたい勢ってどこにいるの?

昨日のエントリに通じるところもあるんだけれど、最近他の人がどんなアプリプランやビジネスプランを持っているのかが気になって仕方ない。
パクりたいとかじゃなくて、自分がちょっとアイディア枯渇気味なので、いろんなアイディアを持っている人と話して刺激が欲しい、と思っているのかもしれない。
熱量を持った人と接することで、自分ももっと個人開発のモチベーションを高めたいのだと思う。

で、例えば「スタートアップやってみたいぜ!」って感じの人たちってどうやって探せば良いんだろう、と最近考えてみてる。SeekGeeksを始めたときにも探してみたんだけど、まったく探し方がわからない。
「俺はやるぜ…何かを」って感じじゃなくて、もっと具体的に「こういう事業をやりたい!そのために今こんなことをやっている」っていう人。やりたいことがブレブレじゃなくて、ちゃんと自分がやりたいことをやっている人。
すでに実現してる人は探せば見つかるんだけど、夢の途中みたいな人ってどこに集ってるんだろう。

不特定多数が集まる交流会みたいなのもあるけど、ああいうのに行くのはちょっと怖い。
昔名刺交換会みたいなのに勇気を出して参加したことがあるんだけど、怪しげなサプリを売る人たちばかりで本当にただの名刺を交換するだけの会だったことが何度かあるのでそういうのは避けたい。あれすごい疲れる。すごい。

というのをここ数日考えてるんだけど、思考がグルグルグルグル巡るばかりで答えは出ない。
どこか自分の知らないところでそういう人たちが集まっているコミュニティみたいなのがあるんだろうか。謎は深まるばかりだ。

2017年8月25日金曜日

アプリプランや事業プランをディスカッションする仲間が欲しいと思った話

ワクワクを創造するプランナーとギークのマッチングWebアプリ、SeekGeeksというのをやっていますこんにちは。

SeekGeeksを作り始めたきっかけの一つに、自分自身がアプリやビジネスのアイディアを考えるのが好きというのがありまして。
でも、あんまり周りにそういうので盛り上がれる仲間とかがいないんですよね。

で、先日こんなことを思いついてみました。
まぁ仲間探し兼SeekGeeksの宣伝みたいな感じにもなってるんですが。
で、反応返して下さった方がいたのでさらにちょっと考えてみたり。
で、ここまで考えたところで反応返して下さった方が関西圏の方と判明。
それだともくもく会はちょっと厳しいかなという話になり、ではSlackでチャットしてゆるゆる繋がりつつ、人数が集まってきたらもくもく会企画したらどうかなという結論に。
最終的にはこんな形になりました。
というわけで、ちょっととりとめもないエントリになってしまいましたが、仲間募集中です。興味持って下さった方はツイッターの方にご連絡頂けますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

SeekGeeksにプランへのコメント投稿機能がつきました

ワクワクを創造するプランナーとエンジニアのマッチングWebアプリ、SeekGeeksというのをやっておりますこんにちは。

実は数日前にリリース済みだったんですが、SeekGeeksに投稿されたプランに対して、コメントを付けることができる機能を追加してみました。
こんな感じ。


削除すると、「この投稿は削除されました」となります。

今までは気になったプランがあった場合、メールフォームから応募して、直接やり取りしないと詳細を聞くことができませんでしたが、コメント機能がついたことでもう少し連絡のハードルが下がるのではないか、と考えています。

ちなみにコメントが付くとプランの投稿者+そのプランをお気に入りに追加しているユーザーにメールで連絡が届くようになっています。

もし気になったプランがあって、ちょっと連絡するのをためらっていたという方はこの機能を使ってプラン投稿者に質問してみてはいかがでしょうか。(ログインユーザーのみ投稿&閲覧可能です)

この機能で少しでもプランへの応募に貢献できれば幸いです。
他にも機能追加のご要望などありましたら画面下部のフィードバックフォームよりご連絡頂けますと幸いです。
今後ともSeekGeeksをよろしくお願いいたします。

2017年8月22日火曜日

SeekGeeksのスライドにページ数の表記を付けたよという話

最近「個人開発者が集ってマネタイズについて真剣に考えるSlack」というのをやってるんですが、そちらの方で「結局今作ってるプロダクトを丁寧に使いやすくアップデートしていくのが一番だよね」みたいな話が出ました。
なので、一旦原点回帰で私が初めて作ったWebアプリ、SeekGeeksを更新してみようかな、と思い立ち、実行してみました。

とはいえ、1年以上振りにまともに触るので、いきなり大きい改修はちょっと怖い。
ので、簡単なところから始めてみました。
SeekGeeksにはテキストベースのプラン概要説明の他、PDFをアップロードするとスライド形式にして表示してくれる機能があるのですが、そちらのスライドが「全部で何枚のスライドなのか」「今何枚目なのか」というのがわからない状態になってたので、そこをわかりやすく表示するよう直してみました。

具体的に言うとこういうこと。


「1/10」というのが表示されるようになりました!
大した改修じゃないじゃないかって思った方もおられるかと思います。
はい、私もそう思います。
でも、SeekGeeksリリース当初はWebアプリの知識が全然不足していて、付けられなかったんですよ、コレ。。
それが、「あ、なんだ簡単じゃん」って直せるようになった。
こういう成長があるから個人開発は面白いなぁって思うわけで。

実はこれ以外にもちょこちょこ細かい改修を入れてます。
気付く人何人いるんだよって程度の修正ですが。

今は2つ目の個人開発プロダクトのPostterの改修を考えているところです。
次は3つ目の個人開発プロダクトのSeekUpsの改修を予定しています。
さらにその後はSeekGeeksの改修にまた戻ってこようかなぁと。
増え続けるToDo、上がらない生産性、締切があるわけでもないのに何となく焦る心。
それらと闘いながら、今日も頑張って開発しようと思う次第です。
興味を持って下さった方はSeekGeeksにユーザー登録して頂けますと幸いです。(宣伝)

あ、「個人開発者が集ってマネタイズについて真剣に考えるSlack」は個人開発プロダクトを持っている個人開発者(法人化された方も含む)なら参加可能なので、ツイッター等でお気軽にお声がけください。ツイッターやってない人は私の各プロダクトのコンタクトフォームからでもOKです。
よろしくお願いします。

2017年8月10日木曜日

個人開発のモチベーションの保ち方

個人開発。それは誰に縛られることもなく自由に、自分が作りたいプロダクトを追求していく活動。
とはいえ自由過ぎることは時には代償を伴う。
具体的に言うと、けっこうな頻度でモチベーションが下がる。特に作り始めの頃に多い。

今日は私が運営しているStarter Geek JAM(ツイッター上では個人開発やろうぜの会と言っている)というSlackチームの中で、ちょっとモチベーションについての話題が出たのでその辺りを振り返ってみたい。

私の初めてのWebアプリであるSeekGeeksはモチベーション下がりながらも続けて、1年掛かりでリリースした。
1年ってけっこう(いや、かなり)長い。
モチベーションが下がる、もしくは開発スピードが下がった要因は以下のようなものだったように思う。
  • 何となく全体像の設計が終わって、完成した気になってしまう
  • 何となくフロント側を実装して、バックエンドから固定のJSONを返してそれっぽい表示になったら満足してしまって「え、この後続き作んの?」となる
  • 何度となく繰り返される、「これ需要あんの?」という自問自答
  • お気に入りのラノベやマンガの発売日
  • 普通に本業が忙しくて気力が湧かなくなる
こんな感じだったように思う。いくつかでも共感してもらえる内容があれば幸いである。
実はここまで書いたけど今までこういうのは何となく雰囲気で解決してきたので、特段のアドバイスは無い。なので、自分ならどう対処するかというのを適当に書いてみようと思う。
  • 何となく全体像の設計が終わって、完成した気になってしまう
    • とりあえず1ページずつとか、1機能だけでもとか、目標を分割して毎日少しずつでも触るようにする。個人開発は強制力が働かないので、自分でやる気を出さない限り永遠に完成しない
  • 何となくフロント側を実装して、バックエンドから固定のJSONを返してそれっぽい表示になったら満足してしまって「え、この後続き作んの?」となる
    • 上と一緒。とにかく少しずつでも作る。ちょっと手をつけ始めると、案外モチベーションが持続したりする
  • 何度となく繰り返される、「これ需要あんの?」という自問自答
    • 自分を信じるしかない。「どんな時でも自分を信じて、これが面白いんだと言いきれ。」ってハヤテのごとく!でカユラも言ってた。
    • まぁ需要無かったらそっと作り直すか、やめればいいし。コケたから何だって言うんだ。作ったライブラリとかは全部自分のものなんだから、頑張った時間は決して無駄にはならない(と個人的には思う)
  • お気に入りのラノベやマンガの発売日
    • 人間だもの。読んじゃえよ。でも毎月それやってたら進まないので、できれば数を絞ろう。それができない場合はラノベの日とか作って丸一日かけて読み切れば良いんじゃないかな。
  • 普通に本業が忙しくて気力が湧かなくなる
    • これはもう如何ともしがたいので、心の健康第一で嵐が過ぎ去るのを待とう。
こんな感じだろうか。

まぁ好き勝手に書き殴っただけなので中身はスッカスカかもしれないけど、思いついたので書いた。反省はしていない。
今個人開発を孤独に頑張ってる人の役に少しでも立てば幸いです。

2017年8月8日火曜日

SeekGeeksに交流機能を追加しようと思った話

ワクワクを創造するプランナーとエンジニアのマッチングWebアプリ、SeekGeeksというのを運営しておりますこんにちは。

最近SeekGeeksをどうやって盛り上げていこうかなと今さらながら考えたりしてたんですが、昨日ふと気付いたことがありまして。
どんなことかと言いますと、ずっと「新しいユーザーをどうやって獲得するか?」について考えてたんですが、「いやいやその前に、すでに登録してくれてるユーザーに使いやすいと思ってもらうことが大事じゃね?」ということに思い至りました。

実はSeekGeeksリリース時に、「各投稿プランにコメント投稿機能を付けて、議論できるようにしよう!」と考えてたことがあったんですが、リリースに間に合わずお蔵入りにしてしまっていました。
「いいさ、いずれユーザーが増えてきたらやろう」と考えて放置してたんですが、気付けばユーザーも100人を超えています
ここらでそろそろ頑張って、お蔵入りにしていた機能を付けてみよう!と思った次第。
実は「プランにコメントを付けられればプランナー同士で議論できて活性化するのでは?」という意見を頂いたことも過去何度かありましたし。
あと、プランナーからギークへ&ギークからプランナーへ情報発信できるような機能も欲しいなーと思ってます。要は、「今みたいにユーザー登録してもプランの投稿と応募しかできない状態から一歩踏み出して、プランナーとギークの交流ができるサイトを目指そう!」という話。

なので、すでにユーザー登録中の方々、今後一時的にメールなどの連絡が増えてしまうかもしれません。あらかじめご了承ください。もちろんメール通知をオフにできる機能も追加しますので、ウザいという方はお手数ですが通知をオフにして頂ければと。。

少しでもユーザーの皆さんのお役に立てるサイトを目指して今後も頑張っていこう!と決心したので、こうしてブログで決意表明してみました。
他にも「こんな機能が欲しい!」というのがありましたら、サイト下部のフィードバックフォームよりお声を頂けますと幸甚です。
よろしくお願いいたします。

2017年8月7日月曜日

久々に自分の個人開発アプリを触ったら使い方がわからなかった話

私はSeekGeeksSeekUpsというWebアプリの他にPostterという画像投稿系のWebアプリもやってるんですが、今日はそのお話。

いや、「そのお話」ってけっこう長い話になりそうな書き出しになったけれど、そんなことは全然無くて。単に「久々に自分のプロダクト触ってみたら、使い方が一瞬わからなかった」という話です。

そう、自分で企画して、自分で作って、自分でテストして、自分でリリースしたアプリなのに、使い方が一瞬わからなかったんです。

あ、これダメだな、と。

個人開発でプロダクトを作るのは、すごく楽しいです。企画や開発はもちろん、普段は面倒だなって思うテストやサーバーのセットアップだって楽しい。でも、たいていその情熱は作ってリリースしてしばらく経つと薄れていきます。(個人の性格かもしれないけれど)
私の場合、すぐに違うことをやりたくなって次のプロダクトを考えてしまう。実際にSeekUpsというのも作ったし。それはそれでもちろん楽しい。ただ、今回自分で作ったサービスの使い方が分からなかったことで気付きました。最初に作ってしばらく経ったくらいが、一番のサービス見直しのタイミングなんだなぁ、と。

作ってる間は、自分がどういう意図でこういうUIにしてるか、100%把握して作ってます。
だから多少わかりづらくても、いやいやここはわかるっしょ!という謎のポジティブさが前面に出て、使いづらいUIでも自分にOKを出してしまう。
でも、リリースしてしばらく経てば頭も冷静になります。「ん?何でこの項目こんなに入力しづらいの??」ってなるわけです。
よく数年前の(もっと悪い場合数カ月前でも)自分のコードを見て、「何でこんな非効率な処理してるんだ?ちょっと作ったやつ出てこい」みたいな気持ちになることあるじゃないですか。あんな感じ。

というわけで、今回冷静になったおかげで、改善したい欲がだいぶ高まりました。
近々、その辺りも含めてリニューアルしたいなと考えている次第です。
自分のプロダクトを作りっぱなしにしている個人開発者の皆さんも、定期的に見直してみると、新たな改善点が見つかるかもしれません。

って書いてみたけど、みんな普通にドッグフーディングしてるのかな。
その辺りのことを今度個人開発者が集う会で聞いてみようかな。

2017年8月3日木曜日

今こんなことやってますというのをまとめてみた201708

このブログやらツイッターは当初、SeekGeeksという個人開発のWebアプリを作ったときに始めたのだけれど、最近いろいろとやってることが増えてきて自分でも何やってる人なのかイマイチ説明しきれないのでまとめてみた。

こんなことやってます201708
懸念通り、募集中案件が多すぎる。そして、わからなくなってきていた。
正直なことを言うと、一個書き忘れてた。 どれを忘れていたかは内緒。

今やっていることをこうしてまとめてみるのは大事かもしれない。定期的にやっていきたい。
というか、あまりいろいろやり過ぎるのは良くないので、今後はここに書いたものに絞って頑張っていきたい。

2017年8月1日火曜日

個人開発者アンケート企画の御礼

昨日、ここ数日このブログでやってきた「とある個人開発者の活動記録」という個人開発者アンケート企画で、ひとまず頂いていた回答をすべて掲載いたしました。

最初はただの思いつきだったのに、気付いたら12件(自分除く)ものご回答を頂き、本当にありがとうございました。会社員Shiraさんにはブログエントリでも取り上げて頂いたりなど、思わぬ形でのご協力まで頂いて本当に嬉しかったです。

この企画は今後どうなるのか、完全に終了かというとそうでもなく、今後もゆるゆると回答の募集は続けていきたいと思います。やっぱり他の開発者の方がどう考えて日々プロダクトに取り組んでいるのか、私も気になるので。

というわけで、ご回答頂ける個人開発者の方はこちらまでお願いします!

このブログ自体は、しばらくは開発日誌とか雑記とかゆるゆると再開できたらなぁと思っています。
とりとめもない話ばかりではありますが、ブログでいろいろ書いてることに興味を持って頂いてお声がけして頂いたこともあったりしたので。

あと、最近考えてたことなんですが、個人開発プロダクトのマネタイズについて真剣に考えてみようかなと思ってSlackチームを新しく作ってみました。
元々(上の方のツイート)は今回アンケート企画にご協力頂いた方々と飲み会でもしながらもう少し詳しくお話聞いてみたいなって思ってたんですが、できればせっかくの機会なのでSlackでもっとじっくりお話を伺えたら良いなと思い至りました。
というわけで、今回アンケートにご協力頂いた方々には後ほどご案内のメール or DMを送らせて頂こうと思っています。もしこのエントリを見て頂けていましたらよろしくお願いいたします。

他にも、個人開発者の方募集中ですのでツイッターとかでお声がけください。
一緒に個人開発プロダクトを成長させていく仲間ができれば嬉しいです。

最後になりましたが、今回ご協力頂いた個人開発者の皆様、そして記事を読んで下さったこのブログの読者の皆様。本当にありがとうございました。

2017年7月31日月曜日

とある個人開発者の活動記録 Vol.13 - まさたけさん

とある個人開発者の活動記録とは…

個人開発者は普段どんなことを考えて開発しているのか?そこにどんな目標があるのか?ぶっちゃけ稼げているのか?といった情報を開示し合って個人開発者同士のモチベーションを高めたり、個人開発を始めたいけど踏み切れない!というエンジニアの方に「一緒に個人開発やろうぜ!」というメッセージを送るための当ブログの新しい連載企画です。
ツイッターなどで関わった方々に、インタビュー用フォームにお答え頂いて作成しています。この記事を読んで興味を持って頂いた個人開発者の方、是非こちらのフォーマットにお答え頂いてご参加をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

今回の「とある個人開発者の活動記録」は、週間アニメリスト作成くんなどのWebアプリを開発しているまさたけさんにお話を伺ってみました。


 - 普段はどんなお仕事をされているんですか?

まさたけさん:VR事業をやっているスタートアップに経理管理として入りました。

 - あなたが作っているアプリやサービス(以下、アプリで統一)はどんなものですか?

まさたけさん:「週間アニメリスト作成くん」というのをやっています。

 - どうしてそのアプリを作ろうと思ったのですか?

まさたけさん:アニメのサービスが作りたかったからです。

 - 個人開発活動を始めてからの期間はどれくらいですか?

まさたけさん:9ヵ月くらいです!

- あなたが個人開発を続ける理由に当てはまるものを教えてください。

まさたけさん:自由にプログラミングができるのが楽しい、稼ぎたい、それと起業へのステップアップ、といった理由ですかね。

- 最初に個人開発を始めたきっかけを教えてください。

まさたけさん:元からプログラミングに関心はあったので作ってみました。

- 個人開発をやっていて、苦労していることは何ですか? 

まさたけさん:アクセスが欲しい。。

 - 逆に、個人開発をやっていて良かったことは何ですか?

まさたけさん:完成した時の達成感! 成長してる感!

 - あなたの個人開発は完全に一人でやっていますか?それともチームでやる場合もありますか?

まさたけさん:完全に一人です。

 - あなたの個人開発での目標について教えてください。

まさたけさん:人気のサービスを作りたいですね。

個人開発での収入についてお尋ねします

 - あなたの個人開発プロダクトには広告や課金システムなど、稼ぐための仕組みはありますか?

まさたけさん:ありません。

個人開発者同士の交流について伺います。

 - 他の個人開発者と交流したいと思いますか?

まさたけさん:はい。

 - どんな交流をお望みですか?

まさたけさん:たまになら飲み会とかしていろいろ話を聞きたい、がっつり一緒に開発とかしてみたい、勉強会とかして自分の個人開発に活かしたい、とかですかね。


 - 本日はありがとうございました。最後に一言、何かあればお願いします。


まさたけさん:開発の道は険しい。

2017年7月30日日曜日

とある個人開発者の活動記録 Vol.12 - なかなかさん

とある個人開発者の活動記録とは…

個人開発者は普段どんなことを考えて開発しているのか?そこにどんな目標があるのか?ぶっちゃけ稼げているのか?といった情報を開示し合って個人開発者同士のモチベーションを高めたり、個人開発を始めたいけど踏み切れない!というエンジニアの方に「一緒に個人開発やろうぜ!」というメッセージを送るための当ブログの新しい連載企画です。
ツイッターなどで関わった方々に、インタビュー用フォームにお答え頂いて作成しています。この記事を読んで興味を持って頂いた個人開発者の方、是非こちらのフォーマットにお答え頂いてご参加をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

今回の「とある個人開発者の活動記録」は、「まるとさんかく」などのゲームを作成しました。などのWebアプリを開発しているなかなかさんにお話を伺ってみました。


 - 普段はどんなお仕事をされているんですか?

なかなかさん:大学休学中の学生です。

 - あなたが作っているアプリやサービス(以下、アプリで統一)はどんなものですか?

なかなかさん:「まるとさんかく」というのをやっています。

 - どうしてそのアプリを作ろうと思ったのですか?

なかなかさん:2つ理由があります。1つ目はかくれんぼについて考えていたとき、自分の方が弱いのになんか相手馬鹿だなあ、という感じを作りたくなったからです。もう1つはほんわかした雰囲気のゲームが私自身好きだからです。

 - 個人開発活動を始めてからの期間はどれくらいですか?

なかなかさん:1年4か月くらいです。

- あなたが個人開発を続ける理由に当てはまるものを教えてください。

なかなかさん:自由にプログラミングができるのが楽しい、自分が欲しいものを作っているだけ、転職活動に有効活用したい、それと、ゲーム製作が小さい頃からの夢だったからです。

- 最初に個人開発を始めたきっかけを教えてください。

なかなかさん:大学4年生の頃、研究とゲーム会社への就活を両方行っていたところ、過労で倒れてしまい休学を始めました。去年の4月ごろから体調が良くなってきたので、どうせなら自分でゲーム作ってみようと始めたことがきっかけです。

- 個人開発をやっていて、苦労していることは何ですか? 

なかなかさん:素材作るの大変!

 - 逆に、個人開発をやっていて良かったことは何ですか?

なかなかさん:Twitterでいろいろな情報を得ることができるようになったこと、ゲームを遊んでくれた方に「次回作を待っています」とコメントを頂けたことです。

 - あなたの個人開発は完全に一人でやっていますか?それともチームでやる場合もありますか?

なかなかさん:組んだことはないけど組んでみたいです。

 - その中でどんな役割を果たしていますか?

なかなかさん:プログラマです。

 - あなたの個人開発での目標について教えてください。

なかなかさん:もっと沢山の人を少しでも喜ばすことができたら、と思っています。

個人開発での収入についてお尋ねします

 - あなたの個人開発プロダクトには広告や課金システムなど、稼ぐための仕組みはありますか?

なかなかさん:あります。

 - それはどのような仕組みですか?

なかなかさん:UnityAdsなどの広告です。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?今までのトータルを教えてください。

なかなかさん:10円くらいです。ただ、これだけだと貰えないので実質0円です。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?直近一年間で一番調子が良かった月の金額をお答えください。

なかなかさん:はい。10円です。

 - 何のチャネルでの儲けが一番多いですか?

なかなかさん:広告です。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼ぎたいですか?

なかなかさん:これだけで生活できるくらい。

個人開発者同士の交流について伺います。

 - 他の個人開発者と交流したいと思いますか?

なかなかさん:はい。

 - どんな交流をお望みですか?

なかなかさん:たまになら飲み会とかしていろいろ話を聞きたい、がっつり一緒に開発とかしてみたい、勉強会とかして自分の個人開発に活かしたい、会うのはちょっとアレだけどSlackとかでオンライン交流とかなら興味ある、とかですかね。


 - 本日はありがとうございました。最後に一言、何かあればお願いします。


なかなかさん:とりあえず来年の4月までは頑張ります!そのうち大学辞めた話とかも書くので是非!

2017年7月29日土曜日

とある個人開発者の活動記録 Vol.11 - ルーラルーさん

とある個人開発者の活動記録とは…

個人開発者は普段どんなことを考えて開発しているのか?そこにどんな目標があるのか?ぶっちゃけ稼げているのか?といった情報を開示し合って個人開発者同士のモチベーションを高めたり、個人開発を始めたいけど踏み切れない!というエンジニアの方に「一緒に個人開発やろうぜ!」というメッセージを送るための当ブログの新しい連載企画です。
ツイッターなどで関わった方々に、インタビュー用フォームにお答え頂いて作成しています。この記事を読んで興味を持って頂いた個人開発者の方、是非こちらのフォーマットにお答え頂いてご参加をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

今回の「とある個人開発者の活動記録」は、ルーラルーなどのWebアプリを開発しているルーラルーさんにお話を伺ってみました。


 - 普段はどんなお仕事をされているんですか?

ルーラルーさん:正社員でプログラマーをしながら友人のスタートアップを手伝ったり個人開発をしたりです。

 - あなたが作っているアプリやサービス(以下、アプリで統一)はどんなものですか?

ルーラルーさん:投稿された景色写真をGoogleMap上に表示し“いいね” やコメントができるサービスの「ルーラルー」というのをやっています。

 - どうしてそのアプリを作ろうと思ったのですか?

ルーラルーさん:景色の写真に特化したSNSが欲しかったからです。

 - 個人開発活動を始めてからの期間はどれくらいですか?

ルーラルーさん:1年弱だと思います。

- あなたが個人開発を続ける理由に当てはまるものを教えてください。

ルーラルーさん:自分が欲しいものを作っているだけ、というのが理由ですかね。

- 最初に個人開発を始めたきっかけを教えてください。

ルーラルーさん:上述のサービスを作りたかったからです。

- 個人開発をやっていて、苦労していることは何ですか? 

ルーラルーさん:作っている間はコレジャナイ感が拭えなくて困りました。今は集客ですね。

 - 逆に、個人開発をやっていて良かったことは何ですか?

ルーラルーさん:企画とPRの勉強になりました。あとイメージに近づけるのに苦労したので出来たものを見てるとちょっと嬉しいです。

 - あなたの個人開発は完全に一人でやっていますか?それともチームでやる場合もありますか?

ルーラルーさん:完全に一人です。

個人開発での収入についてお尋ねします

 - あなたの個人開発プロダクトには広告や課金システムなど、稼ぐための仕組みはありますか?

ルーラルーさん:あります。

 - それはどのような仕組みですか?

ルーラルーさん:Google AdSenseです。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?今までのトータルを教えてください。

ルーラルーさん:1,000円くらいです。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?直近一年間で一番調子が良かった月の金額をお答えください。

ルーラルーさん:100円くらいですかね。

 - 何のチャネルでの儲けが一番多いですか?

ルーラルーさん:Google AdSenseです。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼ぎたいですか?

ルーラルーさん:通信費が払えればいいですけど、広告宣伝費に使えるお金が3万円くらいあればいいなあ。

個人開発者同士の交流について伺います。

 - 他の個人開発者と交流したいと思いますか?

ルーラルーさん:はい。

 - どんな交流をお望みですか?

ルーラルーさん:サービスのレビューとか施策と効果の共有とかそういう感じの場所があればいいなと思います。


 - 本日はありがとうございました。

2017年7月28日金曜日

とある個人開発者の活動記録 Vol.10 - Noseamsさん

とある個人開発者の活動記録とは…

個人開発者は普段どんなことを考えて開発しているのか?そこにどんな目標があるのか?ぶっちゃけ稼げているのか?といった情報を開示し合って個人開発者同士のモチベーションを高めたり、個人開発を始めたいけど踏み切れない!というエンジニアの方に「一緒に個人開発やろうぜ!」というメッセージを送るための当ブログの新しい連載企画です。
ツイッターなどで関わった方々に、インタビュー用フォームにお答え頂いて作成しています。この記事を読んで興味を持って頂いた個人開発者の方、是非こちらのフォーマットにお答え頂いてご参加をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

今回の「とある個人開発者の活動記録」は、>>>Xなどのブラウザゲーム・Androidアプリを開発しているNoseamsさんにお話を伺ってみました。


 - 普段はどんなお仕事をされているんですか?

Noseamsさん:色々やっています。

 - あなたが作っているアプリやサービス(以下、アプリで統一)はどんなものですか?

Noseamsさん:ゲーム(androidアプリやブラウザゲー)を作ってます。あと、その副産物を素材として配布するサイトを運営しています。

 - どうしてそのアプリを作ろうと思ったのですか?

Noseamsさん:「自分一人だけで、どこまでゲームを作れるのか試してみたくなった」という不純な動機です。

 - 個人開発活動を始めてからの期間はどれくらいですか?

Noseamsさん:多分、3年半くらい。始めてから3年くらいで一度引退。その後、復帰してから半年経過しました。

- あなたが個人開発を続ける理由に当てはまるものを教えてください。

Noseamsさん:モテたい、ストイックに自分を高めるための修行、といった理由ですかね。

- 最初に個人開発を始めたきっかけを教えてください。

Noseamsさん:プログラマの友人に誘われて、Unityというゲーム開発環境をインストールしたのがきっかけでした。(当時は、まだPC初心者みたいなものでした)

- 個人開発をやっていて、苦労していることは何ですか? 

Noseamsさん:作業時間の捻出に一番苦労してます。

 - 逆に、個人開発をやっていて良かったことは何ですか?

Noseamsさん:ある程度は技術や知識のレベル向上に繋がっている気がするということと、ほかの個人開発者を見て、「自分ももっと頑張んないとダメだな」という意識を保っていられるというのが、個人開発を続けていて良かった点だと思っています。

 - あなたの個人開発は完全に一人でやっていますか?それともチームでやる場合もありますか?

Noseamsさん:たまにチームを組んでます。

 - その中でどんな役割を果たしていますか?

Noseamsさん:特に決まったポジションはなく、人手が足りないところの作業全般ですね。
企画、モデリング、UI、アニメーション、ゲームシステムの実装、効果音の作成、PVなどの映像作成、バグチェック、その他色々。

 - あなたの個人開発での目標について教えてください。

Noseamsさん:最終目標みたいなものは特にないです。強いて挙げるなら、個人開発を通じてレベルアップし続けられればいいなとは思っています。
近い将来の目標としては、広告入りのゲームアプリ等をリリースして収入を得られればいいなと。ウェブサイトのサーバー代とAdobeCCのソフト代の分、合計で月6千円くらいは。

個人開発での収入についてお尋ねします

 - あなたの個人開発プロダクトには広告や課金システムなど、稼ぐための仕組みはありますか?

Noseamsさん:ありません。

個人開発者同士の交流について伺います。

 - 他の個人開発者と交流したいと思いますか?

Noseamsさん:はい。

 - どんな交流をお望みですか?

Noseamsさん:たまになら飲み会とかしていろいろ話を聞きたい、とかですかね。


 - 本日はありがとうございました。

2017年7月27日木曜日

とある個人開発者の活動記録 Vol.9 - naichiさん

とある個人開発者の活動記録とは…

個人開発者は普段どんなことを考えて開発しているのか?そこにどんな目標があるのか?ぶっちゃけ稼げているのか?といった情報を開示し合って個人開発者同士のモチベーションを高めたり、個人開発を始めたいけど踏み切れない!というエンジニアの方に「一緒に個人開発やろうぜ!」というメッセージを送るための当ブログの新しい連載企画です。
ツイッターなどで関わった方々に、インタビュー用フォームにお答え頂いて作成しています。この記事を読んで興味を持って頂いた個人開発者の方、是非こちらのフォーマットにお答え頂いてご参加をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

今回の「とある個人開発者の活動記録」は、ゲーム投稿サイト unityroomなどのWebアプリを開発しているnaichiさんにお話を伺ってみました。


 - 普段はどんなお仕事をされているんですか?

naichiさん:社内SEです。

 - あなたが作っているアプリやサービス(以下、アプリで統一)はどんなものですか?

naichiさん:「ゲーム投稿サイト unityroom」というのをやっています。

 - どうしてそのアプリを作ろうと思ったのですか?

naichiさん:数年前にunityのゲームが投稿できるサイトがあったんですが閉鎖してしまってたので代わりになるものを自分で作ってみようと。

 - 個人開発活動を始めてからの期間はどれくらいですか?

naichiさん:5年ぐらい?

- あなたが個人開発を続ける理由に当てはまるものを教えてください。

naichiさん:自由にプログラミングができるのが楽しい、自分のプロダクトを持っているという優越感・満足感に浸りたい、自分が欲しいものを作っているだけ、稼ぎたい、転職活動に有効活用したいといった理由ですかね。

- 最初に個人開発を始めたきっかけを教えてください。

naichiさん:プログラミングを覚えたのでスマホアプリを作ってみたくて。

- 個人開発をやっていて、苦労していることは何ですか? 

naichiさん:全て独学なので自分の知識が合っているのか確認しづらい。

 - 逆に、個人開発をやっていて良かったことは何ですか?

naichiさん:自分の好きなように作れる。

 - あなたの個人開発は完全に一人でやっていますか?それともチームでやる場合もありますか?

naichiさん:たまにチームを組んでます。

 - その中でどんな役割を果たしていますか?

naichiさん:プログラマです。

 - あなたの個人開発での目標について教えてください。

naichiさん:本業の稼ぎを超えたい。

個人開発での収入についてお尋ねします

 - あなたの個人開発プロダクトには広告や課金システムなど、稼ぐための仕組みはありますか?

naichiさん:あります。

 - それはどのような仕組みですか?

naichiさん:広告です。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?今までのトータルを教えてください。

naichiさん:10万ぐらいかな。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?直近一年間で一番調子が良かった月の金額をお答えください。

naichiさん:2万ぐらい。

 - 何のチャネルでの儲けが一番多いですか?

naichiさん:広告です。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼ぎたいですか?

naichiさん:100万/月くらい。

個人開発者同士の交流について伺います。

 - 他の個人開発者と交流したいと思いますか?

naichiさん:はい。

 - どんな交流をお望みですか?

naichiさん:たまになら飲み会とかしていろいろ話を聞きたい、がっつり一緒に開発とかしてみたい、勉強会とかして自分の個人開発に活かしたい、会うのはちょっとアレだけどSlackとかでオンライン交流とかなら興味ある、とかですかね。


 - 本日はありがとうございました。最後に一言、何かあればお願いします。


naichiさん:よろしくお願いしまーす

2017年7月26日水曜日

とある個人開発者の活動記録 Vol.8 - pinbit様さん

とある個人開発者の活動記録とは…

個人開発者は普段どんなことを考えて開発しているのか?そこにどんな目標があるのか?ぶっちゃけ稼げているのか?といった情報を開示し合って個人開発者同士のモチベーションを高めたり、個人開発を始めたいけど踏み切れない!というエンジニアの方に「一緒に個人開発やろうぜ!」というメッセージを送るための当ブログの新しい連載企画です。
ツイッターなどで関わった方々に、インタビュー用フォームにお答え頂いて作成しています。この記事を読んで興味を持って頂いた個人開発者の方、是非こちらのフォーマットにお答え頂いてご参加をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

今回の「とある個人開発者の活動記録」は、おっさんプッシャーなどのスマホアプリを開発しているpinbit様さんにお話を伺ってみました。


 - 普段はどんなお仕事をされているんですか?

pinbit様さん:浪人生です。

 - あなたが作っているアプリやサービス(以下、アプリで統一)はどんなものですか?

pinbit様さん:「おっさんプッシャー」というのをやっています。

 - どうしてそのアプリを作ろうと思ったのですか?

pinbit様さん:売れるような気がしたからです…。

 - 個人開発活動を始めてからの期間はどれくらいですか?

pinbit様さん:2年です。

- あなたが個人開発を続ける理由に当てはまるものを教えてください。

pinbit様さん:稼ぎたいからです。

- 最初に個人開発を始めたきっかけを教えてください。

pinbit様さん:G○○diaさんのアプリのクオリティとインストール数を見て「俺でもいけんじゃね?」って思いました。

- 個人開発をやっていて、苦労していることは何ですか? 

pinbit様さん:ios版を作るのにMacとiOS端末が必要で、それを買うのに今までに稼いだ分をほぼつぎ込まないといけなくて辛かったです。あと、iOSはビルドが通りにくいですし、Appleからリジェクトされますし、ホントApple…(編集部注:都合によりカットします)

 - 逆に、個人開発をやっていて良かったことは何ですか?

pinbit様さん:売り上げがでて、学生にしては大金を手に入れることができました。

 - あなたの個人開発は完全に一人でやっていますか?それともチームでやる場合もありますか?

pinbit様さん:完全に一人です。

 - あなたの個人開発での目標について教えてください。

pinbit様さん:会社になるくらい稼ぎたいです!!!!!

個人開発での収入についてお尋ねします

 - あなたの個人開発プロダクトには広告や課金システムなど、稼ぐための仕組みはありますか?

pinbit様さん:あります。

 - それはどのような仕組みですか?

pinbit様さん:広告です。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?今までのトータルを教えてください。

pinbit様さん:60万円です。

 - 何のチャネルでの儲けが一番多いですか?

pinbit様さん:広告です。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼ぎたいですか?

pinbit様さん:月100万!!!!!!

個人開発者同士の交流について伺います。

 - 他の個人開発者と交流したいと思いますか?

pinbit様さん:はい。

 - どんな交流をお望みですか?

pinbit様さん:たまになら飲み会とかしていろいろ話を聞きたい、がっつり一緒に開発とかしてみたい、勉強会とかして自分の個人開発に活かしたい、とかですかね。


 - 本日はありがとうございました。最後に一言、何かあればお願いします。

pinbit様さん:大学に合格したい!!!!!


 - 受験、頑張ってください。

2017年7月25日火曜日

とある個人開発者の活動記録 Vol.7 - HRさん

とある個人開発者の活動記録とは…

個人開発者は普段どんなことを考えて開発しているのか?そこにどんな目標があるのか?ぶっちゃけ稼げているのか?といった情報を開示し合って個人開発者同士のモチベーションを高めたり、個人開発を始めたいけど踏み切れない!というエンジニアの方に「一緒に個人開発やろうぜ!」というメッセージを送るための当ブログの新しい連載企画です。
ツイッターなどで関わった方々に、インタビュー用フォームにお答え頂いて作成しています。この記事を読んで興味を持って頂いた個人開発者の方、是非こちらのフォーマットにお答え頂いてご参加をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

今回の「とある個人開発者の活動記録」は、こまぎれメモなどのスマホアプリを開発しているHRさんにお話を伺ってみました。


 - 普段はどんなお仕事をされてるんですか?

HRさん:町工場の事務員です。

 - あなたが作っているアプリやサービス(以下、アプリで統一)はどんなものですか?

HRさん:Androidのアプリで「こまぎれメモ」といって、フローティングで他のアプリを見ながら入力しつつ、保存したメモを通知バーに表示するメモアプリです。

 - どうしてそのアプリを作ろうと思ったのですか?

HRさん:ブラウザに表示した情報を他のアプリに書き写そうとしたときに思いのほか面倒だったんですよ。メモ帳開くとブラウザが見えないし、ブラウザ開き直すと変なところに飛んで行ってたりするしで「イッ!」てなってこんなアプリが欲しいなぁ、と。

 - 個人開発活動を始めてからの期間はどれくらいですか?

HRさん:1年ちょっと経ちますが、アプリを公開してすぐにパソコンがぶっ壊れたんで実質3ヶ月ぐらいです。

- あなたが個人開発を続ける理由に当てはまるものを教えてください。

HRさん:自由にプログラミングができるのが楽しい、稼ぎたいといった理由ですかね。

- 最初に個人開発を始めたきっかけを教えてください。

HRさん:SEをやめて町工場に転職したことですね。収入が激減したんですがほとんど毎日定時で帰れるようになったんで趣味と減った収入をちょっとでも穴埋めできたらいいな、という甘い考えで。

- 個人開発をやっていて、苦労していることは何ですか? 

HRさん:アプリの存在を知ってもらうことです。宣伝費もかけられないし、検索しても全然出てこないし、こんなんでダウンロードされるわけないじゃん、という感じです。

 - 逆に、個人開発をやっていて良かったことは何ですか?

HRさん:うーん、何だろう。まぁ、作ってて楽しかったことぐらいですかね。ああ、やっぱ自分ってプログラミング好きなんだなぁって再確認しました。

 - あなたの個人開発は完全に一人でやっていますか?それともチームでやる場合もありますか?

HRさん:完全に一人ですね。

 - あなたの個人開発での目標について教えてください。

HRさん:とりあえずこれで稼ぐのが難しいことが分かったんで、あとは好きなアプリを好きな時に作れたらそれでいいかな、と。趣味だと割り切って。(とか言いながら本当は減った収入の穴埋めをあきらめ切れてなかったり)

個人開発での収入についてお尋ねします

 - あなたの個人開発プロダクトには広告や課金システムなど、稼ぐための仕組みはありますか?

HRさん:あります。

 - それはどのような仕組みですか?

HRさん:nendの広告を入れています。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?今までのトータルを教えてください。

HRさん:1300円ぐらいです。最低換金金額に達してないんで実質0ですね。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?直近一年間で一番調子が良かった月の金額をお答えください。

HRさん:260円ぐらいです。

 - 何のチャネルでの儲けが一番多いですか?

HRさん:nendしかやってないんでそこですね。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼ぎたいですか?

HRさん:今の収入と合わせて転職前の収入ぐらいになれば嬉しいな、と。(金額は内緒)

個人開発者同士の交流について伺います。

 - 他の個人開発者と交流したいと思いますか?

HRさん:はい。

 - どんな交流をお望みですか?

HRさん:正直コミュ障なんで他の開発者と仲良くなりたいなぁと思いつつどの程度までの交流に耐えられるのか自分でも分からない…


 - 本日はありがとうございました。最後に一言、何かあればお願いします。


HRさん:質問に答えてて、あ、こりゃ売れない人の考えることだな、と再認識しましたw もうすぐ新しいパソコンが来るんで本気で稼げる方法を考えるか、今まで通り気楽に続けるか、考え直すきっかけになった気がします。

2017年7月24日月曜日

とある個人開発者の活動記録 Vol.6 - カフェさん

とある個人開発者の活動記録とは…

個人開発者は普段どんなことを考えて開発しているのか?そこにどんな目標があるのか?ぶっちゃけ稼げているのか?といった情報を開示し合って個人開発者同士のモチベーションを高めたり、個人開発を始めたいけど踏み切れない!というエンジニアの方に「一緒に個人開発やろうぜ!」というメッセージを送るための当ブログの新しい連載企画です。
ツイッターなどで関わった方々に、インタビュー用フォームにお答え頂いて作成しています。この記事を読んで興味を持って頂いた個人開発者の方、是非こちらのフォーマットにお答え頂いてご参加をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

今回の「とある個人開発者の活動記録」は、Gravity Eggなどのスマホアプリを開発しているカフェさんにお話を伺ってみました。


 - 普段はどんなお仕事をされているんですか?

カフェさん:プログラマーです。

 - あなたが作っているアプリやサービス(以下、アプリで統一)はどんなものですか?

カフェさん:「Gravity Egg」というのをやっています。

 - どうしてそのアプリを作ろうと思ったのですか?

カフェさん:就職作品として作りました。

 - 個人開発活動を始めてからの期間はどれくらいですか?

カフェさん:3ヶ月です。

- あなたが個人開発を続ける理由に当てはまるものを教えてください。

カフェさん:自分のプロダクトを持っているという優越感・満足感に浸りたい、自分が欲しいものを作っているだけ、モテたい、稼ぎたいといった理由ですかね。

- 最初に個人開発を始めたきっかけを教えてください。

カフェさん:ゲームが作りたいと思ったからです。

- 個人開発をやっていて、苦労していることは何ですか? 

カフェさん:デザイナーがいないことです。

 - 逆に、個人開発をやっていて良かったことは何ですか?

カフェさん:デザイナーがいないことで自分で勉強する機会が出来たことですね。

 - あなたの個人開発は完全に一人でやっていますか?それともチームでやる場合もありますか?

カフェさん:たまにチームを組むことがあります。

 - その中でどんな役割を果たしていますか?

カフェさん:デザイナー兼プログラマー兼プランナーです。

 - あなたの個人開発での目標について教えてください。

カフェさん:広告収入を得ることです。

個人開発での収入についてお尋ねします

 - あなたの個人開発プロダクトには広告や課金システムなど、稼ぐための仕組みはありますか?

カフェさん:ありません。

個人開発者同士の交流について伺います。

 - 他の個人開発者と交流したいと思いますか?

カフェさん:はい。

 - どんな交流をお望みですか?

カフェさん:たまになら飲み会とかしていろいろ話を聞きたい、がっつり一緒に開発とかしてみたい、勉強会とかして自分の個人開発に活かしたい、とかですかね。


 - 本日はありがとうございました。

2017年7月23日日曜日

とある個人開発者の活動記録 Vol.5 - タイラーさん

とある個人開発者の活動記録とは…

個人開発者は普段どんなことを考えて開発しているのか?そこにどんな目標があるのか?ぶっちゃけ稼げているのか?といった情報を開示し合って個人開発者同士のモチベーションを高めたり、個人開発を始めたいけど踏み切れない!というエンジニアの方に「一緒に個人開発やろうぜ!」というメッセージを送るための当ブログの新しい連載企画です。
ツイッターなどで関わった方々に、インタビュー用フォームにお答え頂いて作成しています。この記事を読んで興味を持って頂いた個人開発者の方、是非こちらのフォーマットにお答え頂いてご参加をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

今回の「とある個人開発者の活動記録」は、ChoiceなどのWebアプリを開発しているタイラーさんにお話を伺ってみました。


 - 普段はどんなお仕事をされているんですか?

タイラーさん:フリーランスエンジニアをやっています。

 - あなたが作っているアプリやサービス(以下、アプリで統一)はどんなものですか?

タイラーさん:「Choice」というアンケートサービスをやっています。

 - どうしてそのアプリを作ろうと思ったのですか?

タイラーさん:ほかの人の意見が気になるから。

 - 個人開発活動を始めてからの期間はどれくらいですか?

タイラーさん:1年です。

- あなたが個人開発を続ける理由に当てはまるものを教えてください。

タイラーさん:自由にプログラミングができるのが楽しい、稼ぎたいといった理由ですかね。

- 最初に個人開発を始めたきっかけを教えてください。

タイラーさん:サクッと稼ぎたかったからです。

- 個人開発をやっていて、苦労していることは何ですか? 

タイラーさん:ユーザー獲得です。

 - 逆に、個人開発をやっていて良かったことは何ですか?

タイラーさん:自分の作りたいものを作れることです。

 - あなたの個人開発は完全に一人でやっていますか?それともチームでやる場合もありますか?

タイラーさん:完全に一人です。

 - あなたの個人開発での目標について教えてください。

タイラーさん:最低限食っていく!あわよくば起業。

個人開発での収入についてお尋ねします

 - あなたの個人開発プロダクトには広告や課金システムなど、稼ぐための仕組みはありますか?

タイラーさん:ありません。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼ぎたいですか?

タイラーさん:年500万くらい。

個人開発者同士の交流について伺います。

 - 他の個人開発者と交流したいと思いますか?

タイラーさん:はい。

 - どんな交流をお望みですか?

タイラーさん:たまになら飲み会とかしていろいろ話を聞きたい、がっつり一緒に開発とかしてみたい、勉強会とかして自分の個人開発に活かしたい、とかですかね。


 - 本日はありがとうございました。

2017年7月22日土曜日

とある個人開発者の活動記録 Vol.4 - furusawa326さん

とある個人開発者の活動記録とは…

個人開発者は普段どんなことを考えて開発しているのか?そこにどんな目標があるのか?ぶっちゃけ稼げているのか?といった情報を開示し合って個人開発者同士のモチベーションを高めたり、個人開発を始めたいけど踏み切れない!というエンジニアの方に「一緒に個人開発やろうぜ!」というメッセージを送るための当ブログの新しい連載企画です。
ツイッターなどで関わった方々に、インタビュー用フォームにお答え頂いて作成しています。この記事を読んで興味を持って頂いた個人開発者の方、是非こちらのフォーマットにお答え頂いてご参加をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

今回の「とある個人開発者の活動記録」は、StepCounter 歩数計などのWebアプリを開発しているfurusawa326さんにお話を伺ってみました。


 - 普段はどんなお仕事をされているんですか?

furusawa326さん:会社員です。

 - あなたが作っているアプリやサービス(以下、アプリで統一)はどんなものですか?

furusawa326さん:色々なジャンルのアプリをやっています。

 - どうしてそのアプリを作ろうと思ったのですか?

furusawa326さん:欲しい機能が付いているアプリが無くて、それなら自分で作ろうと。

 - 個人開発活動を始めてからの期間はどれくらいですか?

furusawa326さん:6年くらい。

- あなたが個人開発を続ける理由に当てはまるものを教えてください。

furusawa326さん:自由にプログラミングができるのが楽しい、自分のプロダクトを持っているという優越感・満足感に浸りたい、自分が欲しいものを作っているだけといった理由ですかね。

- 最初に個人開発を始めたきっかけを教えてください。

furusawa326さん:AIDEと言うアプリを見付けたから。

- 個人開発をやっていて、苦労していることは何ですか? 

furusawa326さん:思うように時間が取れない。

 - 逆に、個人開発をやっていて良かったことは何ですか?

furusawa326さん:小遣い稼ぎになる。

 - あなたの個人開発は完全に一人でやっていますか?それともチームでやる場合もありますか?

furusawa326さん:完全に一人です。

 - あなたの個人開発での目標について教えてください。

furusawa326さん:特に無いです。

個人開発での収入についてお尋ねします

 - あなたの個人開発プロダクトには広告や課金システムなど、稼ぐための仕組みはありますか?

furusawa326さん:あります。

 - それはどのような仕組みですか?

furusawa326さん:主にバナー広告です。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?今までのトータルを教えてください。

furusawa326さん:50万円ほど。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?直近一年間で一番調子が良かった月の金額をお答えください。

furusawa326さん:5万円ほど。

 - 何のチャネルでの儲けが一番多いですか?

furusawa326さん:バナー広告です。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼ぎたいですか?

furusawa326さん:月に5万円。

個人開発者同士の交流について伺います。

 - 他の個人開発者と交流したいと思いますか?

furusawa326さん:いいえ。

 - 本日はありがとうございました。

2017年7月21日金曜日

とある個人開発者の活動記録 Vol.3 - 会社員shiraさん

とある個人開発者の活動記録とは…

個人開発者は普段どんなことを考えて開発しているのか?そこにどんな目標があるのか?ぶっちゃけ稼げているのか?といった情報を開示し合って個人開発者同士のモチベーションを高めたり、個人開発を始めたいけど踏み切れない!というエンジニアの方に「一緒に個人開発やろうぜ!」というメッセージを送るための当ブログの新しい連載企画です。
ツイッターなどで関わった方々に、インタビュー用フォームにお答え頂いて作成しています。この記事を読んで興味を持って頂いた個人開発者の方、是非こちらのフォーマットにお答え頂いてご参加をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

今回の「とある個人開発者の活動記録」は、CSV Viewerなどの開発者向けツールを開発している会社員shiraさんにお話を伺ってみました。


 - あなたが作っているアプリやサービス(以下、アプリで統一)はどんなものですか?

会社員shiraさん:CSV Viewerという開発者向けのツールです。

 - どうしてそのアプリを作ろうと思ったのですか?

会社員shiraさん:アプリ開発をする上で検証用に欲しかったけど、いいのがストアに無かったため自作しました。

 - 個人開発活動を始めてからの期間はどれくらいですか?

会社員shiraさん:初めてからの期間は五年くらいになります。ただし、ずっと作り続けているわけではなく、実際の稼働期間は3年くらいです。

- あなたが個人開発を続ける理由に当てはまるものを教えてください。

会社員shiraさん:自由にプログラミングができるのが楽しい、自分のプロダクトを持っているという優越感・満足感に浸りたい、稼ぎたい、転職活動に有効活用したいといった理由ですかね。
あと、企画からリリース、保守までの作業を一人で体験し、会社に依存しない個人の力でどれくらい稼げるのか興味がありました。

- 最初に個人開発を始めたきっかけを教えてください。

会社員shiraさん:Androidが出始めて手軽に開発環境が構築できるようになったのがきっかけです。

- 個人開発をやっていて、苦労していることは何ですか? 

会社員shiraさん:作業時間の確保に一番苦労してます。

 - 逆に、個人開発をやっていて良かったことは何ですか?

会社員shiraさん:自信がつくことです。人に評価してもらえる場が得られるのがメリットですね。あと、会社とは別に収入があることに安心感を感じます。

 - あなたの個人開発は完全に一人でやっていますか?それともチームでやる場合もありますか?

会社員shiraさん:嫁にバイト代を払って部分的に支援して貰ったことはあります。

 - あなたの個人開発での目標について教えてください。

会社員shiraさん:会社員を辞められるくらいの安定した収入が得られるようになったら最高ですね。まぁ、そうなっても会社は辞めないと思いますが。

個人開発での収入についてお尋ねします

 - あなたの個人開発プロダクトには広告や課金システムなど、稼ぐための仕組みはありますか?

会社員shiraさん:あります。

 - それはどのような仕組みですか?

会社員shiraさん:Admobを利用した広告配信がメインです。一つだけ有料アプリをリリースしてますが収益は微々たるものです。

個人開発者同士の交流について伺います。

 - 他の個人開発者と交流したいと思いますか?

会社員shiraさん:はい。

 - どんな交流をお望みですか?

会社員shiraさん:がっつりは色々大変そうなのでツイッターで助け合うくらいが丁度良く感じてます。


 - 本日はありがとうございました。最後に一言、何かあればお願いします。


会社員shiraさん:個人開発者に一番必要な要素は行動力だと思ってます。考えてから行動に移すのが早い方を心のそこから尊敬します。
ただ、この行動力は誰しも持ってるがキッカケがないと発動しないものだと思います。
素晴らしい技術や志を持ってるのにブラック会社に勤めているせいで搾取されてる優秀な技術者の方に、このキッカケを与えられる人間になれたら幸せですね。

2017年7月20日木曜日

とある個人開発者の活動記録 Vol.2 - diypcroomsさん

とある個人開発者の活動記録とは…

個人開発者は普段どんなことを考えて開発しているのか?そこにどんな目標があるのか?ぶっちゃけ稼げているのか?といった情報を開示し合って個人開発者同士のモチベーションを高めたり、個人開発を始めたいけど踏み切れない!というエンジニアの方に「一緒に個人開発やろうぜ!」というメッセージを送るための当ブログの新しい連載企画です。
ツイッターなどで関わった方々に、インタビュー用フォームにお答え頂いて作成しています。この記事を読んで興味を持って頂いた個人開発者の方、是非こちらのフォーマットにお答え頂いてご参加をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

今回の「とある個人開発者の活動記録」は、家具searchなどのWebアプリを開発しているdiypcroomsさんにお話を伺ってみました。


 - あなたが作っているアプリやサービス(以下、アプリで統一)はどんなものですか?

diypcroomsさん:「家具search | Amazon,楽天,Yahooの家具をサイズ検索!」というのをやっています。

 - どうしてそのアプリを作ろうと思ったのですか?

diypcroomsさん:家具をAmazonで探していた時、「棚 150」で検索しました。しかし検索結果にはサイズは表記されません。そのため幅150cmと思ってクリックすると違った大きさのものだったりするのが非常にイライラされられます。他にも高さや奥行きなどの要素も含んだ検索はできません。またmmとcmと表記が統一されておらずいい感じに検索できません。しかもカテゴリを選択しないと価格の絞込さえできません。そこで家具を幅、奥行き、高さ、価格を範囲指定して検索できる家具サイズ検索サイトを作ろうと思いました。

 - 個人開発活動を始めてからの期間はどれくらいですか?

diypcroomsさん:個人開発活動を始めてまだ1年半ほどの駆け出しです。

- あなたが個人開発を続ける理由に当てはまるものを教えてください。

diypcroomsさん:自分が欲しいものを作っているだけ、稼ぎたいといった理由ですかね。

- 最初に個人開発を始めたきっかけを教えてください。

diypcroomsさん:自分が好きだった視聴者からPC周りの画像を集めて動画化するシリーズが更新されなくなったのがきっかけで自分で作ろうと思いました。 なので自分の欲しかった物を作ったのがきっかけです。

- 個人開発をやっていて、苦労していることは何ですか? 

diypcroomsさん:PRです。個人開発したサイトは広告費をかけられません。けど人に使って貰うために懸命に開発しています。人にどうやって知ってもらい使って貰うのか1番苦労しています。

 - 逆に、個人開発をやっていて良かったことは何ですか?

diypcroomsさん:サービスを開発している内に技術を楽しみながら学ぶことができます。
あとサービス開発のトータル流れをすべて自分で行えるので失敗し放題なことですね。

 - あなたの個人開発は完全に一人でやっていますか?それともチームでやる場合もありますか?

diypcroomsさん:チームを組んだことはありませんが、チームでの開発もやってみたいです。

 - あなたの個人開発での目標について教えてください。

diypcroomsさん:誰かに求められるサービスを開発することです。

個人開発での収入についてお尋ねします

 - あなたの個人開発プロダクトには広告や課金システムなど、稼ぐための仕組みはありますか?

diypcroomsさん:あります。

 - それはどのような仕組みですか?

diypcroomsさん:Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、バリューコマースアフィリエイトです。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?今までのトータルを教えてください。

diypcroomsさん:48,500円です。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?直近一年間で一番調子が良かった月の金額をお答えください。

diypcroomsさん:11,000円です。

 - 何のチャネルでの儲けが一番多いですか?

diypcroomsさん:Amazonアフィリエイトです。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼ぎたいですか?

diypcroomsさん:今の倍はいけるかなーと思っています。

個人開発者同士の交流について伺います。

 - 他の個人開発者と交流したいと思いますか?

diypcroomsさん:はい。

 - どんな交流をお望みですか?

diypcroomsさん:たまになら飲み会とかしていろいろ話を聞きたい、がっつり一緒に開発とかしてみたい、勉強会とかして自分の個人開発に活かしたい、とかですかね。


 - 本日はありがとうございました。最後に一言、何かあればお願いします。


diypcroomsさん:今はWebアプリさえかければほとんど無料でwebサービスを公開できます。始めは失敗してもいいやくらいの軽い気持ちでリリースしていくノリがちょうどいいのかなって思っています。

Done is better than perfect
たぶん動くと思うからリリースしようぜ(誤)

個人開発やったことないけど興味あるって人が数人集まって同じ仕様で各々プロダクト作る会を作る話

SeekGeeksやったりSeekUpsやったりこのブログで「とある個人開発者の活動記録」とか始めて、個人開発者と関わりたい欲がものすごい高まるのを感じた。
でも個人開発者っていざ探し始めると見つからないもので、だったら興味ある人に個人開発者になってもらったらいいじゃない的な気持ちになってこんなツイートをしてみた。
そしたら予想外の嬉しい反応をたくさん頂いたので、早速やってみることにした。

で、「個人開発やったことないけど興味あるって人が数人集まって同じ仕様で各々プロダクト作る会」だと長いので、とりあえず「Starter Geek JAM」という名称を使うことにして、このブログで固定ページを作って概要をまとめたりSlackチームを作ったりしてみた。

Starter Geek JAMのご案内

概要はこんな感じで、Slackでゆるゆる繋がりつつ、一緒にわいわい個人開発プロダクトを作り、もし要望があればもくもく会なんかもやってみたいと思う。

本当に何気ないツイートで、まったく準備してない状態からの立ち上がりなので不手際もあるだろうし、いつ募集停止になるかわかりませんが、とりあえず現状は募集継続中です。捌き切れないと判断した時点で一旦募集停止にしますので、興味のある方はこの機会に良かったら。
マサカリ投げない人、本業忙しくてもコツコツとでも時間をかけて作り上げることができる人、他の個人開発者と交流したい人、募集中です。

個人開発者デビューの暁には、SeekGeeksSeekUpsをよろしくお願いします!(宣伝)

2017年7月19日水曜日

とある個人開発者の活動記録 Vol.1 - ny

とある個人開発者の活動記録とは…

個人開発者は普段どんなことを考えて開発しているのか?そこにどんな目標があるのか?ぶっちゃけ稼げているのか?といった情報を開示し合って個人開発者同士のモチベーションを高めたり、個人開発を始めたいけど踏み切れない!というエンジニアの方に「一緒に個人開発やろうぜ!」というメッセージを送るための当ブログの新しい連載企画です。
ツイッターなどで関わった方々に、インタビュー用フォームにお答え頂いて作成しています。この記事を読んで興味を持って頂いた個人開発者の方、是非こちらのフォーマットにお答え頂いてご参加をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

今回の「とある個人開発者の活動記録」は、SeekGeeksSeekUpsなどのWebアプリを開発しているnyさんにお話を伺ってみました。
※これは1回目ということで試験的に自分でインタビューフォームに答えてみたものです。


 - あなたが作っているアプリやサービス(以下、アプリで統一)はどんなものですか?

nyさん:個人開発やスタートアップのアプリを紹介するWebアプリで、「SeekUps」というのをやっています。他にも、プランナーとエンジニアのマッチングWebアプリ、「SeekGeeks」というのと、写真で一言的ネタツイートジェネレータ「Postter」というWebアプリをやっています。

 - どうしてそのアプリを作ろうと思ったのですか?

nyさん:自分のWebアプリを作ったときに毎回PR活動で苦労しているので、他の個人開発者の人のアプリやサービスを紹介するWebアプリを作ればPR活動に貢献できるのでは?と思って作り始めました。あと、最近機械学習にも興味があったので、その辺りの要素も取り入れられそうだったというのも動機の一つです。

 - 個人開発活動を始めてからの期間はどれくらいですか?

nyさん:1年半くらいですね。

- あなたが個人開発を続ける理由に当てはまるものを教えてください。

nyさん:自由にプログラミングができるのが楽しい、自分のプロダクトを持っているという優越感・満足感に浸りたい、自分が欲しいものを作っているだけ、モテたい、稼ぎたい、転職活動に有効活用したいといった理由ですかね。

- 最初に個人開発を始めたきっかけを教えてください。

nyさん:とにかく何か一本、自分で最初から最後までWebアプリを作ろう!とずっと思い続けていたんですが、ある日突然SeekGeeksの構想が閃いて、「これは面白そう!」と一念発起して作り始めました。

- 個人開発をやっていて、苦労していることは何ですか? 

nyさん:一人でやっているので、サーバーの構成はこれでいいのか、他にもっと良い選択肢があるんじゃないか、フレームワークを正しく使えているか?といったことに悶々としてしまうところですかね。

 - 逆に、個人開発をやっていて良かったことは何ですか?

nyさん:ツイッターやメールフォームで感想をもらえたり、いろんな人と繋がれることが楽しいです。一人で黙々と開発してるときはずっと孤独だったんですが、リリースしていろんな人にPRするようになって、徐々に輪が広がってきたように感じます。

 - あなたの個人開発は完全に一人でやっていますか?それともチームでやる場合もありますか?

nyさん:完全に一人でやってますね、今は。

 - あなたの個人開発での目標について教えてください。

nyさん:SeekGeeksもSeekUpsも、他のプロダクトを作っているエンジニアの方とやり取りすることが多いんですが、いつかそういった縁から新しいプロダクトやスタートアップを一緒にやる仲間が見つかったら面白いなって思ってます。

個人開発での収入についてお尋ねします

 - あなたの個人開発プロダクトには広告や課金システムなど、稼ぐための仕組みはありますか?

nyさん:あります。

 - それはどのような仕組みですか?

nyさん:Googleアドセンスを入れています。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?今までのトータルを教えてください。

nyさん:600円くらいじゃないですかね、いやマジで。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?直近一年間で一番調子が良かった月の金額をお答えください。

nyさん:250円くらいの月があったような…細かいことはあまり気にしてないのでわかりません。

 - 何のチャネルでの儲けが一番多いですか?

nyさん:Googleアドセンスです。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼ぎたいですか?

nyさん:そりゃあできることなら給料以上に稼ぎたいですね。

個人開発者同士の交流について伺います。

 - 他の個人開発者と交流したいと思いますか?

nyさん:はい。

 - どんな交流をお望みですか?

nyさん:たまになら飲み会とかしていろいろ話を聞きたい、勉強会とかして自分の個人開発に活かしたい、Slackとかでオンライン交流、とかですかね。


 - 本日はありがとうございました。最後に一言、何かあればお願いします。


nyさん:この企画自体まだ手探りなので、感想などツイッターで頂けると嬉しいです。
また、個人開発者の方のご回答もお待ちしています。
よろしくお願いいたします。

2017年7月18日火曜日

SeekGeeksにアプリプランを投稿する前の事前相談フォームを設置した話

ワクワクを創造するプランナーとエンジニアのマッチングWebアプリ、SeekGeeksというWebサービスをやってますこんにちは。
1年以上前からこのWebサービスをやってまして、ユーザー登録もありがたいことにすでに100を超えております。

ますが。

アプリプランの投稿が少ない…!

エンジニアもたくさん登録してくれてるので、プラン投稿さえあれば動き出すプロジェクトもあるのでは、と思ってるのですが、やはりプラン投稿するというのはなかなかハードルが高いようで…
事前に相談できるようにプランナー交流Slackというのも設置してみたのですが、それでもやはり伸びない。(これは私のSlack運営が拙いという話もありますが…)

なので今回、プランナー交流Slackとは別に、「SeekGeeks事前相談フォーム」というのを作ってみました。
中身は普通のフォームなんですけど、どこか外部にアイディアを書いちゃう前に、中の人にこっそり相談できる、というものです。
エンジニア目線というと偉そうになっちゃいますが、第三者の目線でアイディアを拝読して、「こういうところを追記しませんか?」という提案をして、最終的には「是非書き込んで欲しい!」というところまでサポートするような形を想定しています。

思いつきのアイディアなので、いつまでやるか確約はできませんが…
「実現したいアイディアがある。だけど、どうすればそれが実現できるのかわからない、自信が無い…」そういった方にご活用頂ければ嬉しいです。
今まで投稿をためらっていたという方は、この機会に是非このフォームをアイディアの壁打ちに使って頂ければと思います。
よろしくお願いいたします!

2017年7月17日月曜日

個人開発者ってどんな人達なのか知りたいなと思った話

自分が作ったWebアプリ、SeekGeeksSeekUpに個人開発者やプランナーが来てくれるためにはどうしたらいいだろうってことをずっと考えてて、こんなことをふと思いついた。
そしたら思いがけずご意見を頂けた。



もしかしてこれはけっこう需要があるのでは?と思ったので、 早速Googleフォームでフォーマットを作成してみた。

個人開発者向けアンケート - 個人開発者の横顔

インタビュー形式になっているので、これに答えてもらえればそのままそれをインタビュー記事としてこのブログの記事として掲載できるようになっている。
わざわざ回答するメリットどこにあるの?と言われると正直ぐうの音も出ないけど、とりあえず個人開発プロダクトをこのブログで紹介させて頂くというのと、個人開発者同士の交流についても触れてるので、興味がある方はご回答頂ければ交流のきっかけくらいは提供させて頂けるかもしれません。
お時間ある方、ご協力をよろしくお願いいたします。

個人開発まだやったことないという方は、これらのアンケートのインタビュー記事を読んで、「個人開発やってみたいな!SeekGeeksで仲間募集しようかな!SeekUpsにプロダクト載せたいな!」と思って頂けると甚だ幸いです。

ちなみにSeekGeeksのプランナー促進策も一応考えたので明日はそのことについて書こうと思います。

2017年7月14日金曜日

開発日誌20170713

昨日「ついにSeekUpsに機械学習のロジックを導入した!」と息巻いてブログ書いてツイッターにも書いてたら、すごい単純な見落としをしてしまっていて、TOPのアプリ一覧は出るけどアプリの詳細画面が見れなくなってた…
ミス自体もだけど、改修後の確認を疎かにしていたことがショックだった。猛省せねば。。

これがきっかけというわけでもないのだけれど、自動テストというのにすごく興味がある。
実は今まで自動テストとは縁のない環境でやってきているので、どうやれば良いのか、まったくわからない。詳しい人がいたら教えて頂きたいけれど、詳しい人の探し方がわからない。困った。

2017年7月13日木曜日

開発日誌20170712

SeekUpsを(細かい部分も含めて)なんかすごいいっぱいいじった。

・機械学習ロジックをいよいよ実戦投入。プロフィール登録して下さってる方には機械学習の結果オススメされたアプリが上位に表示されるようになります。機械学習の処理自体は一日一回なので、翌日以降になりますが。
たくさんの人にプロフィール登録と「スキ・コレジャナイ情報」を入れて頂けないと精度が上がらないのでご協力をお願いいたします。

・並び順が新着順じゃなくなったので、「条件で絞り込む」で開くメニューの中に「新着順に表示」を追加。これにチェックが入ってるときは今まで通り新着順で表示されます。

・TOPページにツイッター、FB、はてなブックマークのシェアボタンを追加。前からお問い合わせフォームから要望を頂いてたのですがようやく対応できました。…が、何故かボタンが表示されず。。現在調査中。詳しい方いらっしゃいましたらツイッターまでご一報頂けますと幸いです。

・前にも書いたOGPというのを設定してみた。SNSでシェアされたときに要約とか表示されるようになるやつ。正直どんな感じになるか不安で仕方ないけど、とりあえずしばらく置いて運用してみます。

機械学習ロジックを投入したから機械学習に詳しくなったかというとそんなことは全然無くて、むしろ有名なライブラリ動かしただけとか本で紹介されてるロジックそのままだったりするので下手に勉強した分難しいなという気持ちが増した気さえする。
でも面白いと思ったのも事実なので、これから勉強して少しずつでも機械学習を身に付けていきたい。

2017年7月9日日曜日

個人開発者のブログについての考察

このブログは私が初めて個人開発で作ったWebアプリ、SeekGeeksを作ったときに一緒に開設したものなんですが、当時はあまり深く考えず、技術ブログ+日記・雑記ブログ+プロダクトPRブログ全部含めてこれだけでいいやって感じで書き始めてました。

でも最近、ネタが無いときに開発日誌っていうタイトルで今どんな開発をやってるかざっくり記録する形式のエントリを書き始めて思ったんです。
「これ、技術ブログとそれ以外で分けた方が良かったんじゃね?」
って。
まぁ開発日誌は技術ブログってほどのものではないんですが、それでも開発系の用語が出てくるわけで、開発経験が無い人が見たら何言ってるかわからんだろうな、と。
開発系の人でも、分野がそれぞれあるので結局何言ってるかわからんと思われる可能性はそれでも尚あるわけなんですが。
実は技術系のブログネタも、SeekUpsを作ったときにいくつか書きためてるんですが、普段あんまり技術系の話を書いてないので何となく書きにくいなって思って寝かせたままにしてあったり。

私の場合はまぁそもそも技術がたいしたことないので、がっつり技術のブログを書く予定が無いし、開発日誌に開発系のエントリは寄せてこのままいこうって思ってるんですが、これから個人開発+ブログでPR、というやり方を考えてる方は、PRや雑記的なブログと技術のことを書くブログは分けた方が良いんじゃないかなーと、ふと思いました。

ちなみに先ほども書きましたが、このブログはこのままいきます。
開発日誌の用語がわからんという方もおられるかもしれませんが、何となく頑張ってるんだな、ブログ書く余裕があるレベルで、くらいの空気感を感じ取って頂ければ幸いです。

これ書いててふと思いましたが、ツイッターとかもどうなんですかね。
たまに開発系のツイートやリツイートしてるけど、ブログと同じくわからんって人いっぱいいたりするのかな。。
…でも何か全部分けたりするのしんどいな。

いいや、ブログもツイッターもこのままいくので、こういう適当なスタンスでも苦にならないという方、仲良くしてください。

2017年7月8日土曜日

開発日誌20170707

SeekUpsはゲームアプリもウェルカムってエントリを書いたら2件続けてゲームアプリの掲載希望を頂いた。ありがたい。
投稿は基本自分でやるつもりでSeekUpsには投稿機能を一般開放していないのだけれど、Googleフォームで簡易フォーム作って二本立てにするというのは良いアイディアだったと自画自賛したい。
一人でアプリ探して紹介文考えてってずっとやってると回らないので、こういう工夫を今後も続けていきたい。
掲載希望下さる方、本当にありがとうございます。

機械学習部分をちょこちょこ進めてるけど、何となくこうしようっていう方針は固まってきた。土日で頑張って完成させたい。っていうか、させる。

2017年7月7日金曜日

SeekUpsはゲームアプリもウェルカムっすよという話

以前ブログでも書いたかもしれないけど、SeekGeeksユーザー向けにプランナー交流Slackというのをやっていて、昨日そちらに参加してくれた方から伺ったのだけれど、SeekUpsにはゲームアプリが少ないのでアウェイ感があったとのこと。(その方はゲーム系プランナー)

少なくない、少なくないよ!?

アプリ紹介欄のちょっと上の「条件で絞り込む」を押して出てくるタグ一覧で、ゲームで絞ったら現状9本くらいあるよ!今全部で50本くらいだからこれはなかなかの本数だよ!(説明ついでに知らない人もいそうな機能を紹介していくスタンス)

自分が見たり触ったりするのがゲーム以外のアプリが多いから、自分が投稿するアプリはゲーム以外になることが多いというだけなんです、ホント。
なので、ゲームアプリの個人開発者の方からの掲載希望はもちろんウェルカムっす。お待ちしています。

私はゲームアプリを作らないので詳しくはわかりませんが、最近アンドロイダーという大きなゲームアプリ紹介サイトがサービスを終了してしまったそうで、自作アプリのPRで困っているという方は良かったらSeekUpsに掲載希望をお願いします!
まだできたばかりのサイトですが頑張っていきますので、よろしくお願いします。

2017年7月6日木曜日

開発日誌20170705

昨日のエントリにも書いたけど、SeekUpsにSNSシェアボタンを増やすことを考えている。
で、調べてみたら単にシェアボタンを置くだけでなく、SNSでのシェアを視野に入れるならmetaタグでOGPというのをセットした方が良いらしい。
TwitterとかでURLを書き込んだときにそのサイトの内容が出るときと出ないときがあるけど、あれもOGPによるものらしい。

で、ここからが問題なのだけれど、今のSeekUpsの作りは大本になるHTMLと、各ページのHTMLをgulp-html-extendというのでくっつけて静的ページを作る形になっている。そのため、サーバーサイドでレンダリングしているときと違って、metaをページの内容に合わせていじるということができない。完全にしくじりました。
どーすっかなー、というのが正直なところ。知識不足って怖い。こんなことなら最初にサーバーサイドでレンダリングして、そこからVueが動くような作り方にすれば良かった。次からはそうしよう。

とりあえず、SeekUpsに関してはサイト共通で使えそうなOGPを考えて仕込もうかなと思ってるんだけど、それってどうなんだろう。ググってみたけどそういう人は見つからなかった。
noteとかも、最初はPhantomJSで必要に応じて事前レンダリングしたページを渡したりしてたらしいけど、今ではサーバーサイドでやってるっていうスライドも見た。
SPAで作ってる個人開発者の人とかどうしてるんだろう。いつかその辺聞いてみたい。
どなたか教えてください。