2017年2月26日日曜日

機械学習の勉強を頑張っているんだよ、という話

以前、機械学習の勉強やってみるよ!というエントリを書きました。

その後、ブログでの追記も無ければツイッターで言及することもしていません。
相変わらずツイッターは日々の愚痴か深夜アニメの話ばかり。

それでは機械学習はもう諦めてしまったのでしょうか。
やるぞー!と威勢の良いことを言っておいて、知らん振りをしているのでしょうか。

実はそんなことはありません。
すごい地道に勉強は継続しています。

とりあえず、こんな本を読んでみました。

新品価格
¥2,462から
(2017/2/24 08:44時点)

うん、まぁ、ね。
全然わからなかったよね。
数式とか出てきたよね。そりゃそうなんだけどさ。

でも、数式はとりあえず後回しにしてひと通り読んでみました。
そしたら、別に数式の意味を隅々まで理解していなくても、とりあえずの実装は可能そうな感じがしたんですよね。
そしたら大丈夫かなと。何かようわからんけど、実装しながら理解していくってのは普段からやってることなので。

で、次にこの本を買ってみました。

新品価格
¥3,200から
(2017/2/24 08:12時点)

有名ですよね。
機械学習をググるとだいたいこの本か海外のオンライン学習サイトに当たります。
私の場合はPythonでやりたかったので、とりあえずこれ一冊読んでみようと思って購入して今1/3くらい読み進めてます。

正直、こっちから読み始めれば良かったです。
超読みやすい。わかりやすい。
今のところ、これを読んだからといって何か作れる気はまったくしないのですが、それでもこれを読みきれば他の記事を理解したり、ソースコードの解読に役立つんじゃないかと思ってます。
少なくとも、パーセプトロンとかニューラルネットワークとか、さっきの本を読んでも「???」だったのが、こっちの本だと何となく理解できた気になりました。

というわけで、まだ本を読んでる段階だから何かを語るほどのことはないけど、学習は継続してますよー。というお話でした。

来月はこれらの本で得た知識を使って、ごく単純な個人プロダクトを作れたらいいなと考えています。
引き続き頑張ります。

2017年2月25日土曜日

SeekGeeksのエンジニアユーザーともくもく会することを考えてみた話

昨日、SeekGeeksのプランナーとエンジニアとのマッチング率を上げたいという話を書いたのですが、その続き。

SeekGeeksは基本、サイトにプランを投稿したら後は完全に放置お任せ状態で、エンジニアがサイトを閲覧しない限りは(私がツイッターで投稿する場合を除いて)マッチングに至ることはありません。
ですが、今後はそれだけではなく、積極的にマッチングを促進する施策をしていきたいなと考えるようになりました。

実はこんなことを考えています。
要は流行りの勉強会みたいなことをやりつつ、プランナーさんをお招きしてプレゼンしてもらったり交流してもらったらどうかなーというアイディアです。

乗り越えなきゃいけない課題は山ほどあるんですけどね。
会場どうしたらいいんだろうとか、そもそも集まってくれるのかとか、プレゼンしてくれる人は来てくれるのだろうかとか。まぁプレゼンはなくてもエンジニア同士(と私)がもくもく会なり勉強会で交流できれば万々歳とは思いますが。
一番の課題は、やってみたいと言っている運営者本人がもくもく会も勉強会も参加した経験が無いことですね。
基本的にはお家にこもっていたいタイプなので、外に出るという発想が今までありませんでした。。もくもく会って何すんの??

なので、これからは勇気を出してもくもく会に参加してみたり、会場探しなんかも頑張ってみようかなと。
もくもく会のノウハウを教えて下さる方、募集中です。
よろしくお願いいたします。

2017年2月24日金曜日

個人開発者が作ったWebサービスが100ユーザー突破して嬉しかった話

2016年3月3日、SeekGeeksという、アプリやWebサービスのアイディアを持った人とエンジニアとのマッチングサイトを始めました。
初めての個人開発ということもあり、企画からリリースまで一年もの歳月を要しましたが、どうにかこうにかリリースでき、その後も不慣れながらも宣伝サイトなどに投稿させて頂いてプロモーションなんぞやっておりました。ツイッターやブログを始めたのも同時期です。

で、その結果…
本当に皆様のおかげです。ありがとうございます!

まだまだ機能の足りないサービスです。把握はしてるけど、改善が追い付いていない部分もいくつかあります。
一時期はプランナーが少ないなんて愚痴ったりしてましたが、今ではプランナー登録の方がはるかに多くなりました。

とはいえ課題も多いです。何せ、投稿されているプランのほとんどが私が自分で投稿したものなので…
今後は、もっと多くの方にプランを投稿してもらったり、プランを持った人にユーザー登録してもらえるように施策を考えていかないといけないと思っています。
それと同時に、エンジニアとのマッチングについても考えていきたいです。
投稿したけどエンジニアが見つかりません、では申し訳ないので。。

その辺のことはまた次の機会に書こうと思います。
これからも少しずつではありますが、地道に頑張ります。
皆様、今後ともSeekGeeksをよろしくお願いいたします!

2017年2月8日水曜日

文系エンジニアの壁を超えたい

どうも、「機械学習を勉強する!」と数日前にツイッターで宣言したけど未だにコード一行も書けていない者です。
入門書は読み進めてるんですけど、なかなかコーディングの項までたどり着けない。。
…言い訳ですね。読み進めるペースを早めねば。

さて、某戦闘民族の心の叫びみたいなタイトルになりましたが、今思っていることにぴったりだなぁと。私、たまに過激な論調のブログとかで攻撃される「文系出身」のエンジニアなんです。
ソフトウェアのエンジニアといっても様々ありまして、文系出身者でもできることはたくさんあります。その辺はググればいくらでも出てくるので割愛しますが。
で、文系エンジニアが貶されるたびに、「文系とか理系とか関係ねーよ!」とか「文系エンジニアにしかできないことだってあるだろーが!」とピーチクパーチク(言って、はないですねぼっちなんで。)思ってきたわけなんですが、じゃあ理系エンジニアと同程度に頑張ってきたかと言われると、「いや、僕数式とかわかんないんで(ヘラッ)」みたいな感じで文系を気取ってきたのも事実。
で、今回機械学習をかじるに当たって、このままじゃいかんなと。

前にテレビで開発MTGでホワイトボードに数式書いて会議してる会社を見たことがあるんですが(どこだったかは忘れました…)、ああいうのできたらかっこいいな、と。
テレビで見たときは正直まったく理解不能だったんですが、あの方々からしたらあれが一番通じるんだろうなーと今は思います。
たまにあるじゃないですか。口で説明するよりコード見てもらった方が早い、みたいな。多分あんな感じなんじゃないですかね知らないけど。

というわけで、まずは数式に対する拒否反応を無くすところからスタートしようかなと思ってます。
そこから徐々に機械学習を含めて覚えていって、MTGでさらっと自然体でホワイトボードに数式書いちゃって、「ごめんごめん」って言って慌てて消して口頭で説明する、みたいになれたらいいなーって思ってます。
調子に乗りましたすいません。

とりあえず、ここ数日算数の考え方みたいな本読んでて、自分がいつから算数が苦手になったのかわかりかけてきたところなので、引き続き頑張っていこうかなと思ってます。

あ、最後に。
引き続き募集中なのでよろしくお願いいたします。

2017年2月6日月曜日

機械学習入門以前の門前の誓い

すごい回りくどいタイトルになったけど、要は「機械学習頑張って覚えるぞー!」という決意表明の話です。

昨年からSeekGeeksPostterといった小さいWebアプリを作ってリリースしていたんですが、そろそろ何か自分なりの武器みたいなものが欲しいなと思うようになりまして。
で、他のもっとメジャーな言語やろうかとか、Reactとかやってみようかとか、Vue.js2系にいよいよ足を踏み入れてみようかとかいろいろ考えたんですが、やはりせっかくPythonやってるなら機械学習とやらをやってみたいなと。
現時点での知識は全然無いんですけど。何かできたらかっこいいかなっていう浅い動機です。

実は以前にも一度やってみようと思ったことがあって、入門用の本を開いてみたら、数式が出てきたので数十ページで挫折しました。。どうも数学の知識が必要らしいです。
毎回こういうときは即断で勉強することから逃げてきたんですが、さすがにこのままじゃいかんということで、まずは数式アレルギーを克服しようということに。

文系エンジニアが機械学習に入門するために小学校の算数から高校数学までを一気に復習してみました。

こちらの記事を参考に、以下の本を購入してみました。(アフィです。アフィ嫌いな方はご自分で検索ください)

新品価格
¥1,047から
(2017/2/6 09:18時点)


新品価格
¥30,828から
(2017/2/6 09:20時点)

新品価格
¥30,279から
(2017/2/6 09:20時点)


新品価格
¥30,549から
(2017/2/6 09:22時点)



あと、機械学習用にこの本。


なんか金額が面白いことになってるやつとかありますね。。
まぁいいか。このブログのアフィから買う人なんていないでしょうということで。
(プレビューだとリンクのところに謎のボックスが出てしまってますが、時間があれば後で消します。。)

ちなみに私はどれも電子書籍のセールとかブックオフで揃えました。
改訂版とかも出てるらしいんですが、古いものが良いらしいのであえてブックオフで、というのもあったり。

私は子供の頃に算数から躓いてたタイプで、高校時代には理数系科目で偏差値10近く落とすというなかなかのダメっぷりでした。
そんな私がどこまでやれるかわかりませんが、今Pythonをやっているのも、このある程度学習時間が取れそうなタイミングで機械学習が盛り上がっているのも何かの縁。とりあえずやれるところまでやってみようかと。

あ、ちなみに。
こんな感じで、一緒に勉強してくれる仲間も募集中です!
同じ感じで今機械学習を勉強しようとしてる方がいらっしゃいましたら、良かったら声かけてください。
よろしくお願いいたします。