2017年6月30日金曜日

開発日誌20160629

機械学習めっちゃ難しいってことに気付いてしまったけど、めげずにちょこちょこ調べてみた。
でも何から手を付けたら良いのやら。。
とりあえず、年代やお住まいの地域、性別なんかもSeekUpsのプロフィール登録で聞いているので、ひとまずそれに沿ってクラスタリングしてみたいと思った。
クラスタリングだからk-meansというやつかな?と思って調べてみたけど、どうにもこうにも。集合知プログラミングでもググって見つけたサイトでも、単語の出現頻度とかテストの点数とかでクラスタリングしてるパターンはあるんだけど、複数の要素を元にクラスタリングしてる例は見つけられなかった。k-meansじゃないのか…?

機械学習、メンターが欲しいと思った。
何事にも先達はあらまほしきことなり。

2017年6月29日木曜日

開発日誌20170628

SeekUpsでは、ユーザーの方にプロフィールとかアプリの好き・嫌い情報を入力してもらって、それを元に機械学習を使ってユーザーにオススメのアプリをレコメンドする、というのを最終目標にしていて、最近データも集まってきたのでとりあえず集合知プログラミングで読んだクラスタリングをやってみようと思ったら、本で読んだのと違うデータ形式だと難易度半端なくてとりあえず一筋縄ではいかないという知見を得た。

もっと勉強が必要。
でも諦めない。
せっかくデータを入力してくれた方々のためにも、頑張る。

2017年6月21日水曜日

Googleフォームに投稿があったときにメールで通知をもらえるようにした話

SeekGeeksPostterSeekUpsと、私が今まで作ったWebアプリのお問い合わせフォームではすべてGoogleフォームを使わせてもらっています。
最初のSeekGeeksのときはちゃんとゼロから作ったんですが、それ以降は前のフォームをコピーするっていう方法を取ってきました。
で、SeekUpsの掲載希望フォームの運用を始めて数日経ち、あることに気付きました。



要は、せっかくメールフォーム作ったのに、送信してもらっても気付けませんでした…orz

これはまずいと思って対処法をググったら、なんかスクリプト書かなきゃいけないとかスプレッドシートから設定するとかいろいろ見つかりました。

えーめんどい。。


でもそういえばSeekGeeksのフォームは(最近は来ないけど)メール通知来てたなぁって思ってタブ二枚開いて設定見比べたりしてたんですが。

普通にメニューの中にあった。。
多分昔は出来なかったとかそういう系でしょうね。

ので、SeekGeeks以外のフォームで全部設定して、終了。
次の掲載希望が楽しみです。
個人開発者の方、お待ちしております。

SeekUpsの掲載希望フォームはページ上部のメニューの中にあります。

2017年6月17日土曜日

「個人開発のネタ帳を作ろう」というプランをSeekGeeksに投稿してみた

昨日のエントリで100ポストを達成していた。
だから特になんだということは無いけれど、何かこういう節目みたいなのは嬉しい。
まぁその100ポスト目が、個人開発とはまったく関係無い、Chromeがおかしくなったのを何とかしたっていう話なのはどうかと思うが。

それはそれとして、SeekGeeksSeekUpsを運営していく中で、思ったほど個人開発やってる人見つからないなーと常々思っていて、もしかして個人開発に興味はあるけど別に作りたいもんないしなー、というエンジニアさんがある程度いるのではないかと推測してみた。

で、推測した結果こんなことを思いついた。
ホントにただの推測なので実際どうかはわからないけれど。
でも面白そうだったので、早速SeekGeeksに自分で投稿してみた。
我ながら本来の使い方と何か違う、、とは思ったけど、まぁこういう使い方もいいんじゃないかな、とも思ったり。

で、その投稿がこちら。個人開発のネタ帳を作ろう
個人開発経験者の方や、個人開発経験は無いけど業務で丸投げされてアプリ1本作ったことあるよーみたいな人と一緒にやれたら嬉しいです。というか助かります。
アプリの種類はWebアプリ/スマホアプリ、フロントエンドオンリー/バックエンド含むとかは全然関係無くて、個人開発が好きな方。

全然最終成果物のイメージはできてないけど、Githubにドキュメントみたいな感じで載せといたらどうかなーと思うんですがどうですかね。

プログラミング覚えて、何か作ってみたいなーって思った人が、ちょっと立ち寄って仕様のヒントをもらえるような。もしくはネタ帳の中のどれかを共通の目標みたいな感じにして、そのドキュメントをお題にしてもくもく会やったりとか。そんなのが出来たら面白いと思うわけです。

で、これに応募するためにはSeekGeeksへのユーザー登録が必須になるので宣伝にもなると。昨夜早速ユーザー登録&応募をして下さった方もいたので、しめしめ嬉しい限りです。

ちょっと今後どうなっていくかわからないところでもありますが、進捗あればツイッターやこのブログでも書いていくので、興味ある方は是非ご参加ください。

2017年6月16日金曜日

【解決済】Linux MintでChromeを最新化したらプライバシーエラー

昨日のエントリで書いたプライバシーエラーにけっこう長いこと苦しめられてたんですが、解決したのでメモ。

# apt-get install libnss3-1d

これやって、ブラウザ再起動。
これだけ。まさかの、これだけ。

解決策はGoogle Chrome Help Forumに書いてました。これ
ちなみに日本語で調べるのは諦めて、「chrome NET::ERR_CERT_WEAK_SIGNATURE_ALGORITHM google sites」とかでググってました。別ブラウザで。

で、libnss3って何?って思いますよね。
調べたらSSL証明書やその他セキュリティ関連のライブラリみたいです。
詳しく知りたい方はこちら

メールも見れず、ググることもできず、Googleアナリティクスも見れず、大分苦しい数日間でしたがようやく解決しました。良かった。本当に。

同じ現象で困ってる方がそんなにいるとは思えませんが、自分が日本語情報見つからなくてだいぶ弱ったので、一応メモとして残しておきます。

2017年6月15日木曜日

【解決済】Linux MintでChromeを最新化したらプライバシーエラー

2017/6/16追記
解決しました。
-----

普段使いのPCはLinux MintというOSを使ってるんだけど、一昨日からChromeでツイッターやってたらすぐクラッシュするようになってしまったので、何となくブラウザ最新にしたら直るかなーと思ってやってみた。ツイッターは直った。ツイッターは。

で、普通に生活してたらけっこうな頻度でググるじゃないですか。Chromeだもの。
そしたらこれ。


いやいやいや、ChromeがGoogle繋がせてくれないって何だよと。
しかもこれ、サブドメインも軒並みダメで、gmailも見れないしGoogleアナリティクスの結果も見れない。
Chromiumもダメっぽいし、Chrome CanaryはLinux版がそもそも無い。
Vivaldiは他のアカウントと紐付けて使ってるので切り替えるのは不便。
Macでは普通に動くので最低限は何とかなるけど。

調べてはみてるけど未だ解決策は見つからず…
同じことになってる人、いませんか?

2017年6月14日水曜日

SeekGeeksに投稿したプランに応募して頂いた話

最近SeekUpsの宣伝ばかりだったのですが、今日は私が初めて作ったWebアプリ、SeekGeeksのお話です。

お話です、っていうか、タイトルの通りで、自分が投稿したアプリプランに応募してもらったよ!という報告なのですが。しかも2件!!

ご応募頂いたのはコレ。

思い出メッセージ共有アプリ でぃぐろぐ

どこかに行きたい

SeekGeeksは応募があるとメールを飛ばすだけの仕組みなので、詳細なやり取りはこれからなのですが、できればこれからちゃんと形にしていきたいなぁと思っています。
進捗があれば、このブログやTwitterで書いていこうと思ってますので乞うご期待。

皆様も、自分で実現したいアプリプランがある!でもエンジニアが見つからない!という場合はSeekGeeksの利用をご検討ください。

結局宣伝になっちゃいましたが、こうやってパートナーが見つかって、本来ならプランナーの頭の中で埋もれていくだけだったはずのプロダクトが実現したら、すごい素敵なことだと思います。

2017年6月13日火曜日

VagrantでWebプッシュをやってみた話

先日リリースしたSeekUpsというWebアプリですが、Webプッシュというのを実装しています。Webプッシュって何?って方もいるかもしれないので説明しておくと、スマホアプリのプッシュ通知ってありますよね?ぴこんって出てくるやつ。あれのWebブラウザ版です。こっちはPCでもスマホでも受け取ることができます。
詳しい説明は省くので、もっと知りたいという方はググってみてください。
ちなみにSeekUpsのWebプッシュはこんなやつ。


こういうのがPCにぴょこんって出てきて、クリックやタップをするとSeekUpsに繋がる、って感じです。
なんで実装したかというと、単純にやってみたかったというのが半分と、できるだけ継続してSeekUpsに遊びに来て頂きたいというのがあったからです。

で、このWebプッシュですが、localhostかhttpsじゃないと動きません
なので、最初Webプッシュの勉強は使ってないサーバーに、適当に取ったドメインを使ってhttps化して実験してたんですが、普段開発環境に使ってるVagrantで動かせないかなと思って調べてみました。

そういえば、周りがDockerDocker言ってDocker当たり前だよね的な雰囲気も感じますが、Vagrantで動かした話なんかして需要あるんだろうか。そもそもVagrantも最新バージョンじゃないな。そろそろDockerに移行した方が良いのか…?

閑話休題。
Vagrantの入門系記事を探したり、ドットインストールを見たりするとVagrantfileをいじって192.168.33.xxとかでアクセスしたりしてますよね。で、今までずっとそうしてきたんですがこれだとlocalhostでもhttpsでもない。ので、Webプッシュのテストができませんでした。
仕方ないのでオレオレ証明書とか作ったりもしてみたんですが、今度はWebプッシュのために必要なServiceWorkerというのが、
DOMException: Failed to register a ServiceWorker: An SSL certificate error occurred when fetching the script.
とかいうエラーを吐いて動いてくれません。
なので正直諦めかけてたんですが、ふとVagrantfileを見てたら気になる記述が。
  # Create a forwarded port mapping which allows access to a specific port
  # within the machine from a port on the host machine. In the example below,
  # accessing "localhost:8080" will access port 80 on the guest machine.
  # config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080
ポートフォワーディングとな!?
と思って、上の最後の行のコメントを生成行化して、vagrant reload。
で、http://localhost:8080でアクセス。
無事localhostでアクセスできて、Webプッシュのテストができました。

Dockerでも同じようなことができる気がするのでDocker派の人は各自調べてみてください。

2017年6月12日月曜日

個人開発は作ったら満足して放置しがちという話

タイトルの通りで、それ以上でも以下でもない話なんですが。

過去、SeekGeeksPostterSeekUpsと個人開発でWebアプリを作ってきましたが、どれも割と作って満足してしまって、リリース後は本質的な改善はしないで、ちょっとした機能追加を小手先のプログラミングで解決して何かしらを成し遂げた気になってしまうところが多々ありました。

SeekGeeksは初めてのWebアプリということもあり、けっこういろいろやってて、ツイッター始めてみたり、複数のPRサイトに登録してみたりと最初頑張ったし、自分でもアプリプランを毎日投稿するとかやってました。
でもなんとなくPostter以降はどうやったらいいのかわからないまま悩んでおしまい、みたいな感じが多い。Postterなら作品投稿してもらえるよういろんなところでPRしたり、SeekUpsならアプリを掲載したい!っていう個人開発者を探したりといろいろやれることはあるはずなのに。

多分、普段の仕事がどこか他部署に言われてプログラミングして、へいお待ち的な感じでやってるから、その先のことに頭を回すのができてない。もっとWebマーケ的な動きや営業的な動きも意識してやるようにしないと。個人開発のアプリなんて、自分で動き出さなきゃ何も始まらないのだから。

ということをつらつらと考えてはみたけれど、未だに何も解決策は閃いてなかったりします。個人開発者と出会える方法、募集中。

2017年6月11日日曜日

SeekUpsにタグやお気に入りで絞り込む機能を追加した話

先日リリースした「個人開発者・スタートアップのWebサービスやアプリを紹介するためのWebアプリ」、SeekUpsに機能を追加しました。

主な機能追加は以下の通りです。

・タグでの絞り込み機能
登録アプリごとにタグを設定できる仕様なのですが、そのタグで表示アプリを絞り込んだりはできなかったので、タグをクリックしたら絞り込めるようにしました。

・お気に入り
リリース時は最低限の実装だけして、後から改善していこうってスタンスだったので、お気に入り登録はできるけどお気に入り一覧を見る機能は無い状態でした。さすがにそろそろアレだなって思ってお気に入りで絞り込む機能をつけました。


「条件で絞り込む」をクリックしたら以下のようなエリアが開いて絞り込めます。


あと、

・ページング
まだ登録件数少ないしいいやって思ってたので最初無かったんですが、こっそり付けました。でも登録件数が少ないのでまだ表示されません。ちょっと寂しい。

絞り込んだ状態でページングとかもできるようになったんですが、この辺全部Vue.jsでやっちゃってるので、リロードしたりブラウザの戻るで戻ったりしたらせっかく選択した条件が全部消えちゃうのでちょっと悩んでます。
自分で使ってみて不便だったらlocalStorageとかに保存するようにしようかな。。

何か改善して欲しい点などあればお問い合わせフォームなどからご連絡頂けますと幸いです。
アプリ掲載希望も引き続きお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

2017年6月10日土曜日

個人開発やスタートアップのアプリPRサイトに掲載希望フォームをつけた話

先日リリースした、個人開発やスタートアップのWebサービス/アプリの紹介サイト、SeekUpsに掲載希望フォームなるものをつけてみました。(サイト上部のTOPナビに追加)

これまでは自分でアプリを探してきて投稿用のキャッチフレーズとか概要とかも自分で考えて〜ってやってたのですが、一人で全部やるの効率悪い&紹介文を書くのそもそもそんな上手じゃない、という衝撃の事実に気付いてしまったので急遽思いついて設置しました。まぁ、Googleフォーム作って置いただけなんですが。。

最初は投稿くらいそんなに大変じゃないだろうって思ってたけど、甘かった。まったくそんなこと無かったです。いや、ホントに項目数も少ないし、このくらい余裕でやってやるぜ!くらいのノリだったんですよ。
でも何でもやってみなきゃわからないものです。やってみるの大事。改善していくのも大事。

このフォームを設置したからといって、掲載希望をバンバンもらえるとか楽観的なことは考えてませんが、窓口を増やすのはプラスになるはず。
もちろんこのフォーム以外でも、ツイッターで話しかけてもらってもOKです。

個人開発の方、スタートアップの方、SeekUpsに掲載してもいいよーって方は是非お気軽にご連絡ください!
お待ちしております。

2017年6月9日金曜日

開発日誌振り返り201704-05

何か開発日誌ってタイトルで2回だけエントリ書いて止まってたのでアップデートしてみる。

4月いっぱい…集合知プログラミングという機械学習の本をずっと読んでた。ディープラーニングも面白かったけど、こっちの方が個人的には好きだなぁって思った。最近の本だとサンプルコードがGithubで公開されてたりするけど、これは古い本なので自力+他の読者の人が作った写経を探してコンペアとかしつつ頑張った。
クラスタリングとかユーザーベースのレコメンドとかの辺り読んでて、これ適当なデータでやるよりきちんとデータ集めて自分のWebアプリ内で何かやりたいなって思った。

5月頭(GW)…ぼんやりとWebアプリのイメージは作ってたんだけど、思ったほど開発の時間が取れなかった。というよりモチベが下がってしまったのでできなかった。仕方ないので積ん読減らしたりしてた。

5月(GW明け)〜6/3…SeekUpsの構想がだいたい固まったので、時間を見つけてはコーディングしてた。本当は5月中に終わらせたかったけど、平日は時間取れなくて6月頭までずれ込んだ。機械学習のためのデータを取得する部分はできたので、今後は機械学習でWebアプリをレコメンドできるように頑張ろうって思った。

開発日誌なのかただの日記なのかわからなくなってきた。。
とりあえず、6月はSeekUpsに付きっきりになりそう。頑張ろう。

2017年6月8日木曜日

冴えないWebアプリの育てかた

最初にお断りしておきますが、タイトルの答えを示すエントリではありません。過度な期待はしないでください。
むしろご相談系エントリです。

今までSeekGeeksPostterとリリースして、先日SeekUpsというものまでリリースしたんですが。

いやぁ。。

運営って難しいっすね。

SeekGeeksはユーザー登録さえすれば誰でも新規投稿できるようにしてみました。
Postterはツイッターログインを置きつつ、ログインしなくても誰でも新規投稿できるようにしてみました。
SeekGeeksはユーザー登録もじわじわ増え、最近は自分で投稿しなくても新規投稿を頂けたりもしてますが、数はなかなか伸びず。
PostterはそもそもPRが足りないのかコンセプトが悪いのかアクセスそのものが伸びず。

いろいろ葛藤はあったのですが、SeekUpsはとりあえず管理者(自分)が新規投稿するような形にしてみました。ユーザーは閲覧だけで、Webプッシュ受け取ったりサイト訪問して、好きなアプリを覗けるだけで十分かなって。それがいけなかった。

なるべく簡単なインターフェースにはしたのですが、それでも一人で個人開発アプリ探して投稿するのってけっこうキツい。ブログも書くし、まだまだSeekUpsの機能改善もあるし。そもそも機械学習部分の実装まだこれからだし。

ので、個人開発アプリやスタートアップのアプリ登録を手伝ってもらえる方がいらっしゃるとすごく嬉しいです。どなたかご協力頂けないでしょうか?
画面はこんな感じです。

キャプチャを自分で撮ってアップロードもできるし、無指定だと自動でスクショ撮りに行くようにしてみました。
他の入力項目はそんなに多くないので、ホント、もし、良かったら…お手伝い、頂けると…
実は、ツイッターログインして頂いて、手動でちょっとDBいじると編集権付与できるようにはなってるので、興味ある方はツイッターで連絡頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

タイトルとの話に無理やり絡めると、Webアプリを育てるときは自分に負荷が集中しすぎないように設計した方が良いよなっていう学びを得ました、という話でした。
本日は以上です。

2017年6月7日水曜日

個人開発者で合宿とかしてみたい話

昨日SeekUpsに掲載させてくれるアプリを探そうと思ってツイッターしてて、個人開発者探しがてらふとこんなツイートをしてみた。

すると、意外にも反応があって驚いた。
個人開発者同士のコミュニティって意外と無いので、ホントにできればやりたいなーって思います。
いきなり知らない人同士で合宿とかは難しいと思うので、もくもく会とか勉強会とか辺りから攻めてみたいなーと。場所とか探さなきゃですよね。そういうノウハウまったくないんですが。もし興味ある方おられましたら連絡ください。
何か個人開発の自分のプロダクト持ってる人ならOKっす。集まったらとりあえずSlackででも話したいなって思ってます。
よろしくお願いします。

ちなみに冒頭のツイートにいきなり反応もらえてびっくりしたので急遽した後からこっそり書いたツイートも一応貼っておきます。
ちょっとずつ心の距離を縮めていきたいタイプのスタンドです。 よろしくお願いします。マジで。

2017年6月6日火曜日

個人開発で作ったアプリを宣伝するためのサイトを作ってみた感想

以前にも書きましたが、SeekUpsという個人開発やスタートアップのアプリを紹介するためのWebアプリを作ってみました。
サービスに込めた想いとかは他のエントリで語っていきたいのですが、今回はどんな感じで作っていったのか、その辺を書き残しておこうと思います。

技術的なアレ

基本はPostterと同じです。と言っても初めて来て下さった方は知らねーよって話なので、ちょっと細かく書くと、

・Vue.js (2.3.0)
・jQuery (1.11.1)
・gulp-html-extend
・Webプッシュ

あれ、何か要素少ない…?
まぁ、個人開発なんてそんなもんです。
大きいプロダクトならもっといろいろあるんでしょうが。
jQuery、やたらとみんな排除しようとしてる感ありますけどそんな悪いやつじゃないと個人的には思うんですが。なんでそんな嫌われてるのん…?

それはともかく、Vue.jsをPostterでは1.xだったのを2.3にしてみました。
やはりVueは素晴らしい。特段悩むこともなく実装できました。
imgタグのsrcやaタグのhrefがちょっと面倒になった気がしますが多分気のせいでしょう。(0.xの方が簡単だった気がする)

後はWebプッシュを新しく導入しました。昨年からちょこちょこ調べてたんですが、とりあえず疑問に思ってたことは調べたので、ひとまず試験導入的な感じで。
とはいえ、知らないサイトを訪れたときにハナから許可求めてくるとか自分としても割とアレなのでページを分けました。受け取りたい人だけ受け取ってくださいってスタンスでいったら今誰も受け取ってくれない状態なのでどなたか好奇心旺盛な方お願いします。
多くて日に2回Push通知、今は基本何も送ってないです。自分の作業がそこまで追いついてないので。

CSSとかデザインとかレイアウトとか

これ大分悩んだんですが、bulmaというCSSフレームワークを採用してみました。
で、フレームワークだけでなく、テンプレートも探してみたら良い感じのが見つかったので流用させてもらったり。
それはMITライセンスだったのでフッターにライセンス情報を記載させてもらったんですが、MITのライブラリ使った場合の書き方ってあんな感じでOKなnでしょうか?調べてはみたけどイマイチ不明瞭…誰か教えてくださいマジで。

bulma自体はすごく書きやすいCSSフレームワークで、大分楽に実装できました。

開発期間

ツイッターやブログで何度か書いた気もしますが、今回はだいたい3週間くらいで完成しました。速いか遅いかで見ると、前回作ったPostterが4週間だったので速まった気はしますが、まだ足りない。。自分の中では2週間くらいで仕上げたいと思っていたのですが。
次回以降も頑張りたいと思います。

託した想い

想いは語らず、技術的なことを書きたかったのですが、一応。
今回は、自分で作ったSeekGeeksPostterを宣伝したいというのももちろんあったのですが、自分がそれらを作ったときにPRに四苦八苦した(今もしている)のもあり、他の個人開発者の方のお手伝いができれば良いなと思ったというのもあったりします。
それと、これまたツイッターや過去記事で書きましたが、プロフィール登録とかをして頂いて得た情報で、機械学習を導入してみたい。これは本当に個人的な目標ですが、最終的にはユーザーの方に自分が本当に必要と思えるアプリをレコメンドできる、ユーザーに資するWebサービスになると思っています。なので、ちょっとサイトを覗いてみて、好きなアプリのジャンルなどをちょこっと教えてもらえると本当に嬉しく思います。
よろしくお願い致します。

2017年6月5日月曜日

算数苦手系エンジニアが機械学習を勉強してみた結果

個人開発で作ったアプリを宣伝するためのサイトを作ってみたでも書いたのですが、「機械学習×個人開発のアプリ紹介」という切り口でWebアプリを作ってみました。
といっても、機械学習部分は未実装ですが…
今日は、そもそも何でそんな切り口でWebアプリを作ってみようと思ったのか、そんな話をしようと思います。

今年に入ってから、「ディープラーニング」「集合知プログラミング」と、機械学習系の書籍を読んでました。どちらもとても興味深く、面白く、読みやすい。
何となく機械学習っていうものがわかったような気になります。
気にはなるんです。が、その先が続かない。
どんなデータを使って、どんなモノを作れば良いのかわからない。
これ多分機械学習勉強してみたエンジニアあるあるなんじゃないかな。
それか自分にそもそも機械学習の素養が無いか…

正直、私にとっては上記の本に出てくるような、手書き文字のデータセットで何の数字か当てたり、花のデータセットでこれは何の花に分類されるか、みたいなことを機械学習でわかったとしてもあまり嬉しくない。Qiitaとかで見かける、投資判断予測とかこれは何松だ、みたいな分類には興味はあるけど、そのためのデータセットを自分で探してきて実装するのも正直あまりやりたくない。

じゃあ、何なら自分は面白いと感じるのか。

個人開発をしているという人をSeekGeeksを始めてからいろいろ見てきましたが(オンラインで)、ジャンルがいろいろなんですよね。
SNSを作ろうとしてる人もいれば、アニメ系やゲーム、ECサイトなど。
中にはコンセプトが面白い!と思うものもあるし、自分ではあまり使わないかな?というのもありました。(失礼)
でも、自分は使わなくても、人によってはそれを面白いと思ったりする人ももちろんいるわけで。で、そんな「これは好きだけど、これはちょっとな…」というデータを大量に取っていってデータセットを作成できれば、「それぞれのユーザーの嗜好を学習して、その人が好きなジャンルの個人開発アプリが登録されたときに、それをいち早く紹介できるアプリ」が作れるのではないかなと思ったわけです。
それが実現すればユーザーにとっても有用だし、自分も機械学習の勉強になる。

要は、「機械学習の勉強をしたいからデータ作るの協力してください!お願いします!」という話なんですが、これが実現すればきっと面白いものになると信じています。また、ユーザーの嗜好情報を鑑みて適切なユーザーに適宜レコメンドすることで、宣伝サイトで紹介してもらってはみたけど新着順で一度紹介されたら後は段々アクセスが鈍っていく、という状況も回避でき、登録させて頂いてる個人開発者の方々にも有益なのではないか、と。

なので、SeekUpsへのプロフィール情報の登録と、それぞれの紹介サービスの「好き/嫌い」情報を登録して頂けると非常に助かります。(詳細はこちら
皆様のご訪問をお待ちしております。

2017年6月4日日曜日

個人開発で作ったアプリを宣伝するためのサイトを作ってみた

油断するとすぐブログが2ヶ月とか平気で空いちゃう癖を何とかしたいと思っています、nyです。こんばんは。

タイトルの通りなんですが、SeekGeeksPostterに続き、昨日新しくWebアプリをリリースしました。
今回のWebアプリの名前はSeekUps
名前が似てるとお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、SeekGeeksの兄弟サイトみたいな位置付けと自分の中では考えています。

コンセプトとしては、個人開発(実は個人とかあまり関係無かったりしますが)のWebアプリやスマホアプリを紹介するサイトです。
過去、SeekGeeksとPostterを作ったときにも感じたことなんですが、個人開発で作ったアプリって宣伝する場所が限られるんですよね。ServiceSafariさんとかstartappさんとか、ありがたくも告知させて頂けるサイトはあるんですが、どちらかというと新着アプリを中心に紹介してるので一度掲載してもらった後はどうしよっかなーみたいな感じになる。
もちろん広告とか打てればいいんだけど、個人開発でそんなんできる人って限られてるのでは。(個人の感想です)

なので、自分で何か作りたいなとは前から思っていて、それとは別で今年頭から機械学習の勉強してたのもあり、二つを組み合わせて、「機械学習でユーザーにオススメのアプリを良い感じに並べ替えてレコメンドしてくれるサービスとかあったら良いんじゃないか?」と考えました。
ので、早速作ってみた次第です。

今回は大体3週間くらいで実装しました。
前回のPostterが4週間くらいだったのでちょっとはレベルアップしたかな?と一人で思ってます。Webプッシュとかもあるよ!良かったら登録してください。

サイトはこんな感じ。

とりあえず、PostterとSeekGeeksを紹介する投稿をしてみました。
まだ自分で作った2本のみですが、今後どんどん紹介アプリを増やしていきたいなと思います。
掲載したいという方は是非ツイッターサイトのお問い合わせフォームからご連絡ください!
お待ちしています。

と、ここまで書いてきたんですが、実はまだ機械学習の要素が無かったりします。。
というのも、機械学習させるためにユーザーの情報とかを収集する必要があるんですが、そのデータを先に収集してから実装したいなと思いまして。。

なので、サイト名のところにまだ「β」が付いてます^^;
ユーザー情報をある程度収集して、機械学習で表示順をハンドリングできるようになったらβを取って正式リリースということにしようかなと。

そんなわけでして、このブログを見て下さっている皆様、良かったらこのサイトの改善にご協力頂けないでしょうか?

・サイトに訪問して、「プロフィール登録」からプロフィールや好きなアプリジャンルを登録する
・TOPページに表示されるアプリの、「好き/嫌い」情報を入力する(好きな場合はハートマーク、嫌いな場合は親指を下に向けてるマークをクリックするだけです)

上記二点で必要なデータが揃うので、是非ご協力をお願いします!
ツイッターログインとかも作ったけど、そのままでも使えます。よろしくお願いします。

他にも、何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせフォームやツイッターで教えて頂きたいと思います。
よろしくお願いいたします。

久々にブログ書くときはだいたい宣伝になっている気もしますが、今後もしばらく宣伝ポストをしていくと思います^^;
書きたいことも溜まってるので…
ちなみにちょっとは技術的なことも書いていく予定なので、お付き合い頂けますと嬉しいです。
よろしくお願いします。