2017年6月8日木曜日

冴えないWebアプリの育てかた

最初にお断りしておきますが、タイトルの答えを示すエントリではありません。過度な期待はしないでください。
むしろご相談系エントリです。

今までSeekGeeksPostterとリリースして、先日SeekUpsというものまでリリースしたんですが。

いやぁ。。

運営って難しいっすね。

SeekGeeksはユーザー登録さえすれば誰でも新規投稿できるようにしてみました。
Postterはツイッターログインを置きつつ、ログインしなくても誰でも新規投稿できるようにしてみました。
SeekGeeksはユーザー登録もじわじわ増え、最近は自分で投稿しなくても新規投稿を頂けたりもしてますが、数はなかなか伸びず。
PostterはそもそもPRが足りないのかコンセプトが悪いのかアクセスそのものが伸びず。

いろいろ葛藤はあったのですが、SeekUpsはとりあえず管理者(自分)が新規投稿するような形にしてみました。ユーザーは閲覧だけで、Webプッシュ受け取ったりサイト訪問して、好きなアプリを覗けるだけで十分かなって。それがいけなかった。

なるべく簡単なインターフェースにはしたのですが、それでも一人で個人開発アプリ探して投稿するのってけっこうキツい。ブログも書くし、まだまだSeekUpsの機能改善もあるし。そもそも機械学習部分の実装まだこれからだし。

ので、個人開発アプリやスタートアップのアプリ登録を手伝ってもらえる方がいらっしゃるとすごく嬉しいです。どなたかご協力頂けないでしょうか?
画面はこんな感じです。

キャプチャを自分で撮ってアップロードもできるし、無指定だと自動でスクショ撮りに行くようにしてみました。
他の入力項目はそんなに多くないので、ホント、もし、良かったら…お手伝い、頂けると…
実は、ツイッターログインして頂いて、手動でちょっとDBいじると編集権付与できるようにはなってるので、興味ある方はツイッターで連絡頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

タイトルとの話に無理やり絡めると、Webアプリを育てるときは自分に負荷が集中しすぎないように設計した方が良いよなっていう学びを得ました、という話でした。
本日は以上です。