2017年7月30日日曜日

とある個人開発者の活動記録 Vol.12 - なかなかさん

とある個人開発者の活動記録とは…

個人開発者は普段どんなことを考えて開発しているのか?そこにどんな目標があるのか?ぶっちゃけ稼げているのか?といった情報を開示し合って個人開発者同士のモチベーションを高めたり、個人開発を始めたいけど踏み切れない!というエンジニアの方に「一緒に個人開発やろうぜ!」というメッセージを送るための当ブログの新しい連載企画です。
ツイッターなどで関わった方々に、インタビュー用フォームにお答え頂いて作成しています。この記事を読んで興味を持って頂いた個人開発者の方、是非こちらのフォーマットにお答え頂いてご参加をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

今回の「とある個人開発者の活動記録」は、「まるとさんかく」などのゲームを作成しました。などのWebアプリを開発しているなかなかさんにお話を伺ってみました。


 - 普段はどんなお仕事をされているんですか?

なかなかさん:大学休学中の学生です。

 - あなたが作っているアプリやサービス(以下、アプリで統一)はどんなものですか?

なかなかさん:「まるとさんかく」というのをやっています。

 - どうしてそのアプリを作ろうと思ったのですか?

なかなかさん:2つ理由があります。1つ目はかくれんぼについて考えていたとき、自分の方が弱いのになんか相手馬鹿だなあ、という感じを作りたくなったからです。もう1つはほんわかした雰囲気のゲームが私自身好きだからです。

 - 個人開発活動を始めてからの期間はどれくらいですか?

なかなかさん:1年4か月くらいです。

- あなたが個人開発を続ける理由に当てはまるものを教えてください。

なかなかさん:自由にプログラミングができるのが楽しい、自分が欲しいものを作っているだけ、転職活動に有効活用したい、それと、ゲーム製作が小さい頃からの夢だったからです。

- 最初に個人開発を始めたきっかけを教えてください。

なかなかさん:大学4年生の頃、研究とゲーム会社への就活を両方行っていたところ、過労で倒れてしまい休学を始めました。去年の4月ごろから体調が良くなってきたので、どうせなら自分でゲーム作ってみようと始めたことがきっかけです。

- 個人開発をやっていて、苦労していることは何ですか? 

なかなかさん:素材作るの大変!

 - 逆に、個人開発をやっていて良かったことは何ですか?

なかなかさん:Twitterでいろいろな情報を得ることができるようになったこと、ゲームを遊んでくれた方に「次回作を待っています」とコメントを頂けたことです。

 - あなたの個人開発は完全に一人でやっていますか?それともチームでやる場合もありますか?

なかなかさん:組んだことはないけど組んでみたいです。

 - その中でどんな役割を果たしていますか?

なかなかさん:プログラマです。

 - あなたの個人開発での目標について教えてください。

なかなかさん:もっと沢山の人を少しでも喜ばすことができたら、と思っています。

個人開発での収入についてお尋ねします

 - あなたの個人開発プロダクトには広告や課金システムなど、稼ぐための仕組みはありますか?

なかなかさん:あります。

 - それはどのような仕組みですか?

なかなかさん:UnityAdsなどの広告です。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?今までのトータルを教えてください。

なかなかさん:10円くらいです。ただ、これだけだと貰えないので実質0円です。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼いでますか?直近一年間で一番調子が良かった月の金額をお答えください。

なかなかさん:はい。10円です。

 - 何のチャネルでの儲けが一番多いですか?

なかなかさん:広告です。

 - ぶっちゃけいくらくらい稼ぎたいですか?

なかなかさん:これだけで生活できるくらい。

個人開発者同士の交流について伺います。

 - 他の個人開発者と交流したいと思いますか?

なかなかさん:はい。

 - どんな交流をお望みですか?

なかなかさん:たまになら飲み会とかしていろいろ話を聞きたい、がっつり一緒に開発とかしてみたい、勉強会とかして自分の個人開発に活かしたい、会うのはちょっとアレだけどSlackとかでオンライン交流とかなら興味ある、とかですかね。


 - 本日はありがとうございました。最後に一言、何かあればお願いします。


なかなかさん:とりあえず来年の4月までは頑張ります!そのうち大学辞めた話とかも書くので是非!