2016年6月22日水曜日

SeekGeeksでプログラミングパートナーを見つけよう

ワクワクを創造するプランナーとエンジニアのマッチングWebアプリ SeekGeeksというサイトをやっていますこんにちは。
今日はタイトルの通り、SeekGeeksでプログラミングを教えてくれるパートナーというか、メンター的存在を見つけてみてはどうでしょう?というお話をしてみたいと思います。

元々SeekGeeksは、「プログラミングはわからないけどプランを実現したい!」というプランナーと、「せっかく身に付けたプログラミングスキルで何か面白い企画に携わりたい!」っていうエンジニアのマッチングのための場として作ったんですが、それだけじゃなくて、ギークとして登録したユーザーがプランを投稿することもできるんです。
当初、私はこれを「自分一人では実現できないくらい大規模なプロジェクト」をやりたいエンジニア向けに作ったつもりでいたんですが、よく考えたらそれだけじゃないなと。

例えば、「今Python勉強してるんだけど、独学だからちゃんと出来てるか不安…」という方。
最近だとGitHubにソースコードを公開してアドバイスをもらったり、ということもできるかもしれませんが、どんなコードをあげたらいいのかってのもそれはそれで悩みどころですよね。
そんなときは、SeekGeeksで一緒にコーディングしてくれるパートナーを探す、という使い方をしてみてはどうでしょうか?
何かプランを投稿して、自分がやっている言語、やってみたいフレームワークを条件設定してパートナーを募集する。そして、「自分は初心者なので、教えながら一緒に作ってくれる方を募集!」という感じで書き込みます。
必ずパートナーが見つかるとはお約束できませんが、エンジニアの中には教えるのがけっこう好きという方もいらっしゃるので、運良くそういう方の目に止まれば、ベテランエンジニアからアドバイスをもらいながらプログラミングスキルをアップできるかもしれません。
そういった経験を通してエンジニアとして成長し、一人でもサービスを立ちあげられるようになったとき。今度は同じように、パートナーを探しているエンジニアに声をかけて、教えてあげてください。
私もPythonエンジニアとしてまだまだ拙いですが、「Pythonを覚えたい!」という方がいれば出来る限り協力したいと思っています。

SeekGeeksでは、「まだプログラミング勉強中だけど、これから覚えていって、Webサービスを作りたい!」という方のユーザー登録も大歓迎です。
「このコーディングで合ってるのかな…?」とお悩みの方は、是非SeekGeeksでアドバイスをくれるパートナーを探してみてください!