2016年8月31日水曜日

ゼロから始めるwebpack生活・序

Re:ではない。いえ、こちらの話です。

※このエントリは弱小web系エンジニアがwebpackを試すことになった状況を淡々と綴るものです。過度な期待はしないでください。
(webpackとは何ぞやとかこういう記述をするとこうなる、みたいな難しい話は出ません。出来ません。自分の課題解決メモです)

ある日ふと、小さいWebアプリを作ってみたいと思い立ちました。
で、SeekGeeksはVue.js0.11.5+Sammy.js+Foundation5で作ってたんですが、これらはちょっと古い技術になってしまっているから、この際ちょっとアップデートしてVue.js1.x+Vue-router+Foundation6で作ってみようかなーと思って調べ始めたんです。
※ちなみにツイッターではVue.js0.12.x使ってるって書いてたんですが、昨日調べたら0.11.5でした。お詫びして訂正いたします。

で、この中ではVue-routerが一番知識が無いのでいの一番に情報収集してたんですが、どうやらSammy.jsでやってた「partialで個別のhtmlを読み込んでレンダリング」というのはできない模様。同じようなことをやりたい場合、webpackやbrowserifyを使う必要がある、と。以下、見つけた参考サイト。

vue.jsを使った大規模開発に必要なもの
Vue.js × vue-router × browserifyで SPAのHTMLの画面ごとに切り出し

え、同じことやるのにwebpack必須なの?使ったことないんですけど??と正直思いました。

一度は心が折れて、「じゃあSammy.jsのままでいいや…」とも思ったんですが、Webアプリを作りたい気持ち半分、Webアプリ制作を通じて成長したい気持ち半分だったので、webpackにチャレンジしてみようと思い直しました。
実際webpackってよく目にするので、覚えておいて損はないはず。

ただ実際調べ始めたら、webpackでググればいいのか最終形まで見越してwebpack+gulpでググればいいのかVue-routerも入れた方がいいのか分からず。しかもそれっぽい記事を見つけても、そういうの書くのってフロントエンド最前線!な人たちなのか、webpackだけじゃなくて当たり前のようにBabelだのaltJSだのも記事内に織り込まれてて(実際その人たちには当たり前なんだろうけど)、ついていける気がしませんでした。

仕方ないので一旦gulpは諦めて、とりあえず簡単にwebpackについて説明してくれてるサイトを探そう!という結論に。
で、まぁ参考サイトも見つけたのでコツコツ写経しながら取り組んでます。
始める前はついていけるか不安になりつつ嫌々やってたんですが、実際コマンド打ったり生成されたJSファイル見てみたらけっこうなるほどなーって思うこともあり、少しだけ面白くなってきました。
その辺のことはまた次回書こうと思います。

なんか新しいことを始める度に開発環境に新しいモジュールが増えていくのが(そしてそれを忘れていくのが)若干不安ではありますが、とりあえずやれるところまでやってみます。

続く

2016年8月27日土曜日

Webサービスを宣伝してみた(2)

前回のエントリでWebサービスを宣伝させて頂けるサイトにいくつか投稿してみたんですが、一週間近く経った現在、掲載して頂いた媒体はひとつもありませんありがとうございました。

正確にはtsukutterさんは申請時点で紹介して頂きましたが、最初のツイート以降は露出も無く…
他のところも、審査中のステータスのまま止まってたり、音沙汰がなかったり。俺なんか悪いことした?
きっと私の宣伝文とかサービスの画像とかに至らぬ点があったんでしょう。
後から調べたら更新止まっちゃってるらしいのもあるらしいけれど。

というわけで、気を取り直して新たにいくつかサービスの宣伝をさせて頂けるサイトに登録させて頂きました!


今回はこちらの2サイトにお世話になりました!しかも2つともすでに掲載頂いております。本当にありがとうございます。
では、実際に投稿させて頂いた感想を綴っていこうかと。


startappさんに投稿してみる


WebサービスのPR系のエントリで紹介されてることが多いので、ご存知の方が多いかもしれません。
自分で自分に開発者インタビューする体で文章を書いて、それを掲載して頂く形になります。
開発者インタビューと聞くとすごい大変なイメージですが、いくつか雛形の質問は用意されていて書きやすかったです。他にも「俺はこれも主張したいんだ!」というのがあれば質問を追加することも可能。
文字数の下限制限があって、1つの質問につき100文字以上書かないとエラーになります。(エラー表示がけっこう気付きにくいので注意)
書き終えると、一旦審査のためか承認待ちみたいな状態になって、私の場合はたしか翌日昼には公開されてたと思います。

で、公開後の紹介ページには、はてなブックマークとツイッターのシェアボタンが置いてまして、記事がシェアされると紹介ページ内で表示されてるシェア数が伸びていきます。調子に乗ってツイッターで「シェアお願いします!」やってたらありがたいことにいっぱい協力頂けて、2016年8月27日現在、Popularタブの一番上に表示される状態になってます。
協力して下さった皆様、ありがとうございます!!

startappさんは同じアプリに関してでも、リニューアルしたり機能追加したりする度に申請できるみたいなので、今後も大きな機能追加をしたときとか新たにサービス作ったときには申請させて頂こうと思っています。

Applishowさんに投稿してみる


比較的新しいアプリ紹介サイトだと思います。こちらは運営の方からメールを頂いて(SeekGeeksにコンタクトフォーム作ってて良かった…)、これは投稿せねば!ということで投稿させて頂きました。
ユーザー登録後、フォームに記入するとそのまま即時反映して下さる流れです。

フォームの内容は難しいものはなかったのですが、画像の縛りがけっこうキツいかも。
ロゴは高さ300px以上で容量1MB以下、スクリーンショットも容量1MB以下、という制限があって、残念ながら私は両方引っ掛かってしまいました。。
まぁそれは画像縮小とか圧縮してもらえるWebサービスがあるので、引っ掛かった人はそういうの使いましょう。
ちなみにこれ使いました。ありがとうございました。


まとめ


宣伝したい人はstartappさんとApplishowさんに投稿しましょう。

すぐに掲載して頂けるというのはやはり大きいと思います。
どちらも文章考える必要があるので時間はかかりましたが、やってよかったと思ってます。
実際の効果測定はまだなんですけどね。。
そちらの方は、また後日別エントリを書こうと思います。
他にも宣伝させて頂けるサービスをご存知の方はツイッター経由かSeekGeeks内のコンタクトフォーム経由で教えて頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします!

続く

2016年8月19日金曜日

Webサービスを宣伝してみた(1)

だいぶ前に「Webサービスの宣伝について考えてみた」というエントリを書いたんですが、いろいろあって行動に移せていませんでした。ですが、先日ようやく少しずつですが動き出すことができたので書き記しておこうと思います。

といっても、いくつかのWebサービスの宣伝ができるサイトに登録してみたというだけなんですが。
それでもTwitterに依存しきりだった今までに比べれば前進できたかなぁと。

参考にしたのは下記のサイト。

Webサービスの宣伝ツールをいろいろ使ってみた
新しいWebサービスの宣伝・拡散は普通にやってちゃ駄目だこりゃ

紹介されているものの中には残念ながらすでにサービス終了していたものもあったのですが、とりあえず下記に登録してみました。


といっても、すぐに反映されるというわけではなく、承認制のようなのでどうなるのかは未知数…
なので、今後も引き続きチェックして、またエントリに書いていこうと思います。

あと、startappというサービスもあるようなのですが、そちらはけっこう文章量が必要そうだったので、ひとまず後回しに…そちらも後でエントリに書きたいと思います。

それにしてもけっこう宣伝させて下さるサイトってあるんですね。
掲載されるといいなー…
ちなみに、現在SeekGeeksの次のWebサービスも考えてまして、そちらは上記とはまた別の形で、新しくWebサービスやアプリをリリースする人のサポートができるプロダクトにしたいなと思っています。それについてはそのうちもう少し構想がまとまってから書こうかと思ってます。

続く。

2016年8月18日木曜日

SeekGeeksのこれからを考えてみた(2016-08)

最近いろいろあって、SeekGeeksを今後自分はどうしていきたいんだろう?とふと考えてツイッターに書き殴ったのでまとめてみます。
考えるきっかけになったいろいろに関しては触れませんのであしからず。


いきなりつらつらと書いたので後で読み返すとわけわかんないかな…?
そしたら書き直そう。。

でも、今のところ考えてるのはこんな感じかなぁ。
とりあえず、次なるプロダクトについても考えようと思う。

2016年8月17日水曜日

デザイナーさんにサービス名入りの個人名刺を作ってもらった話

先日、「デザイナーさんにロゴを作り直してもらった話」というエントリを書いたのですが、今回はそのロゴを使用して、サービス名入りの個人名刺を作って頂きました!というお話です。

今まで勉強会やセミナー、交流会なんかに参加したいなーとたまに思ってたものの、個人で参加するイベントに勤め先の名刺とかは無しだなーと思って諦めてきたんですが、「個人でWebサービスやってる人の中にはサービス名入りの個人名刺を使ってる人がいるらしい」という情報をキャッチしたので、思い切って作ってみようと決意。
ですが、ロゴ同様素人が手を出すと大怪我する事案のような気もしたので、どうしよっかなーと悩んでたところ、フォロワーのlilyさんから作って下さると言って頂き、お願いすることにしました!
具体的には、lilyさんにデータを作って頂き、それをラクスルというWebサービスにアップロードして、自分でいつでも注文できるようにさせて頂いた形です。

前回も思いましたが、本当にプロに頼むというのはすごいですね。
ふわっとしたイメージを伝えただけで、どんどんデザインが出来上がっていって、あっという間に完成してました。。
同じことを一人でやってたら、多分すごい妥協しまくった上に今もロゴ段階で悩んでいたかもしれません。。

で、ラクスルで一番安く印刷してもらうプランを選択した結果、デザインのアップロードから発送まで1週間もかかってしまったのですが、先日ようやく名刺をゲット!
こんな感じに仕上がりました!


ちょっと撮影のウデがアレなので伝わりづらいかもしれませんが、とてもステキな名刺が完成しました!
lilyさんありがとう!

これで、個人名刺を持ってイベントに参加するという準備が整いました!
が、どこのイベントに行くかとかは全然決まってません!
そもそも人見知りの引きこもりなので、外に出るというのがハードル高い。。
でもせっかくなので、いろいろ調べて、勇気を出して出掛けてみようと思います。

勉強会・セミナー情報募集中です!
ビジネス系とかPythonやWebサービス制作系の勉強会・セミナー情報をお持ちの方、情報頂けましたら助かります。
よろしくお願いします。

2016年8月5日金曜日

SeekGeeksにお知らせ機能をつけてみた

SeekGeeksではこれまで、新しいプランが投稿されたり、新機能が追加されたりしたとき、自分のツイッターアカウントでツイートするくらいしかお知らせすることができませんでした。

さすがにそれでは不便だと思ったので、SeekGeeksにお知らせ機能をつけてみました。
こんな感じ。


今まではなかったベルマークのリンクがつきました。
(ログイン状態じゃないと表示されません)

今後はツイッターの他、こちらのリンク先のページでもお知らせを発信していきたいと思っております。
よろしくお願いいたします。

2016年8月4日木曜日

プランナー交流Slack始めました

最近いろんな人とSlackというチャットツールでやりとりすることが多くなってきました。
アクティブじゃないチームもあるんだけど、日常的にSlack使ってる感じ。
今までどちらかというとSlackはエンジニア界隈だけで盛り上がってるってイメージがあったんだけど、先日WebデザイナーさんとSlackチーム作ったときに割とすんなり導入できて、楽しくチャットできてるので、これもしかしてエンジニアじゃなくても普通に交流できるんじゃね?と思うようになりました。

というわけで、作りました。
プランナー交流Slack。
現在固定ツイートにしてます。こんな感じ。
以前「アプリ企画研究部(仮)」みたいな構想を考えたりもしたんですが、まぁそれのSlack版。
Slackで雑談しながら、アプリプランの相談したりうまくいけばコラボ企画を考え出したり。
そんなことをやっていける場になるといいなと思ってます。

まだ人数は少ないのですが、ツイッターのフォロワーさんを何人かお誘いしてすでに始動しています。
「参加してみたい!」という方は是非ご連絡ください!気軽に相談とかできますよ!
ちなみにSlackやったことないって方でも、難しいツールではないので大丈夫です。メニューが英語なので戸惑うかもしれませんが、チャットする上では読めなくても問題ありませんw

メールアドレスさえあればinviteできますが、できればツイッターで繋がってもらえると嬉しいです。
「ツイッターやってないけど入りたい…」という方はこのブログの連絡フォームとか、SeekGeeksのフィードバックフォームとかもありますのでそちらからご連絡ください。

楽しく交流しつつ、面白い企画をいっぱい作って、SeekGeeksに投稿してもらえることを目指して頑張ろうと思います。
興味を持って下さった方、是非ご検討ください!

2016年8月3日水曜日

デザイナーさんにロゴを作り直してもらった話

私が運営しているWebサービスのSeekGeeksをリリースしたとき、ツイッターアイコンやらfaviconやらを用意するのをすっかり忘れてて、リリース後に慌ててGIMPというフリーソフトで作った間に合わせのロゴをずっと使っていました。

今まではそれで良かったんですが最近、勉強会やセミナー出てみようかなー、サービス名の入った個人名刺を作ろうかなー、でもそれだとロゴが今のままじゃなーとか思ってツイートしてたら、フォロワーのおしげさん(デザイナーさん)から、「作ろうか?」と男前なメッセージを頂いたのでお願いすることにしました!

で、作って頂いたロゴがこちら!


すごいロゴっぽくなりました!プロすごい。(恥ずかしいのでビフォーは載せません)
名刺以外にも好きに使っていいという使用許諾を頂いてるので、早速ツイッターアイコンとSeekGeeksのfaviconとヘッダー、このブログのfaviconに使わせてもらいました!
他にもフォロワーの方に依頼して個人名刺のデザインを作ってもらってて、そちらでも使用させてもらってます。そっちの紹介記事はまた後日書くかも。

自分で何でもできればいいんですが、残念ながら万能な人間ってのはそうはいないもので、やっぱり自分でできないものは潔く諦めてプロに頼った方が良いな、というのが今回の学びでした。
じゃあ何でも人に頼れば良いのかというとそうではなくて、やっぱり自分で磨けるスキルは磨いて、それでもダメなものは素直に人に頼る、というスタイルが大事だと思います。

そんなわけで、今後はこのロゴでやっていきたいと思っています!
今後ともSeekGeeksをよろしくお願いします!

そしておしげさん、ステキなロゴを本当にありがとう!