2016年12月31日土曜日

個人開発者がなんかいろいろやってます.log(3)

前回前々回のエントリで、今どんなことをやっているかという話を書きました。

前回までであらかた書いてしまったので、取り立てて補足することもないんですが、そういえば他にも1個検討中のWebアプリがあったんだよなぁと思ってエントリにしてみました。

「英語の勉強をするために日本語学習のコンテンツを英語で作る」という荒行にチャレンジしている私ですが、それだけだと学習しきれない分野があります。
そう、リスニングとスピーキングです。

え、今どき英会話のWebサービスが山ほどあるって?そこで経験値積めばいいじゃないかって?
できねーよ?
そもそも日本語でコミュニケーション取るのだって苦手だっつーの。ビデオチャットなんてできるかよコミュニケーションの塊じゃねーか!

…と、つい語調が荒くなるレベルのコミュ力なので、現時点ではそういうサービスの利用は考えておりません。
ので、そういう自分の弱点は潔くプログラミングで解決したいと思います。
要は、双方向のコミュニケーションが苦手なわけです。準備とかできないからね。(心の準備含む)

なので、例えばWebサービスを開設して、ブラウザやスマホのマイク機能を使って相手に一方的に喋ってもらう。で、それを音声ファイルにしておいて、いつでも自分が聴けるようにしておく。返事がしたいときは自分も同じようにWebサービス経由で録音ファイルで返事をする。

まぁ、メールの音声版ですね。
そういうのなら自分でもできるかな、と。
そんなサービスあったらいいなぁ、自分だったら使いたいなぁ。
自分でそんな風に思えたので、とりあえず獲得ユーザー数はゼロじゃないことがわかりました。
じゃあSeekGeeksでパートナー探して自分で作ろうかな、と考えたわけなんですが。

言語交換アプリこえログ

とっくに自分でSeekGeeksに投稿してた、っていうね。

やっぱりそういうの欲しかったんじゃん、自分。って思いました。
しかもこれ、3月のサービスリリース当初に投稿してたやつですよ。自分が英語でサービスやろうなんて全然考えてなかった頃。
これはなかなか面白いなーと思って、もうこのプランをやるしかないって思いました。
UIに関しては引き続きメンバー募集中なので、良かったらSeekGeeksに登録中の皆様、ご検討くださいませ。
自分も頑張ります。