2017年7月21日金曜日

とある個人開発者の活動記録 Vol.3 - 会社員shiraさん

とある個人開発者の活動記録とは…

個人開発者は普段どんなことを考えて開発しているのか?そこにどんな目標があるのか?ぶっちゃけ稼げているのか?といった情報を開示し合って個人開発者同士のモチベーションを高めたり、個人開発を始めたいけど踏み切れない!というエンジニアの方に「一緒に個人開発やろうぜ!」というメッセージを送るための当ブログの新しい連載企画です。
ツイッターなどで関わった方々に、インタビュー用フォームにお答え頂いて作成しています。この記事を読んで興味を持って頂いた個人開発者の方、是非こちらのフォーマットにお答え頂いてご参加をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

今回の「とある個人開発者の活動記録」は、CSV Viewerなどの開発者向けツールを開発している会社員shiraさんにお話を伺ってみました。


 - あなたが作っているアプリやサービス(以下、アプリで統一)はどんなものですか?

会社員shiraさん:CSV Viewerという開発者向けのツールです。

 - どうしてそのアプリを作ろうと思ったのですか?

会社員shiraさん:アプリ開発をする上で検証用に欲しかったけど、いいのがストアに無かったため自作しました。

 - 個人開発活動を始めてからの期間はどれくらいですか?

会社員shiraさん:初めてからの期間は五年くらいになります。ただし、ずっと作り続けているわけではなく、実際の稼働期間は3年くらいです。

- あなたが個人開発を続ける理由に当てはまるものを教えてください。

会社員shiraさん:自由にプログラミングができるのが楽しい、自分のプロダクトを持っているという優越感・満足感に浸りたい、稼ぎたい、転職活動に有効活用したいといった理由ですかね。
あと、企画からリリース、保守までの作業を一人で体験し、会社に依存しない個人の力でどれくらい稼げるのか興味がありました。

- 最初に個人開発を始めたきっかけを教えてください。

会社員shiraさん:Androidが出始めて手軽に開発環境が構築できるようになったのがきっかけです。

- 個人開発をやっていて、苦労していることは何ですか? 

会社員shiraさん:作業時間の確保に一番苦労してます。

 - 逆に、個人開発をやっていて良かったことは何ですか?

会社員shiraさん:自信がつくことです。人に評価してもらえる場が得られるのがメリットですね。あと、会社とは別に収入があることに安心感を感じます。

 - あなたの個人開発は完全に一人でやっていますか?それともチームでやる場合もありますか?

会社員shiraさん:嫁にバイト代を払って部分的に支援して貰ったことはあります。

 - あなたの個人開発での目標について教えてください。

会社員shiraさん:会社員を辞められるくらいの安定した収入が得られるようになったら最高ですね。まぁ、そうなっても会社は辞めないと思いますが。

個人開発での収入についてお尋ねします

 - あなたの個人開発プロダクトには広告や課金システムなど、稼ぐための仕組みはありますか?

会社員shiraさん:あります。

 - それはどのような仕組みですか?

会社員shiraさん:Admobを利用した広告配信がメインです。一つだけ有料アプリをリリースしてますが収益は微々たるものです。

個人開発者同士の交流について伺います。

 - 他の個人開発者と交流したいと思いますか?

会社員shiraさん:はい。

 - どんな交流をお望みですか?

会社員shiraさん:がっつりは色々大変そうなのでツイッターで助け合うくらいが丁度良く感じてます。


 - 本日はありがとうございました。最後に一言、何かあればお願いします。


会社員shiraさん:個人開発者に一番必要な要素は行動力だと思ってます。考えてから行動に移すのが早い方を心のそこから尊敬します。
ただ、この行動力は誰しも持ってるがキッカケがないと発動しないものだと思います。
素晴らしい技術や志を持ってるのにブラック会社に勤めているせいで搾取されてる優秀な技術者の方に、このキッカケを与えられる人間になれたら幸せですね。